本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 防災情報 > 災害時に備えた各種協定 > 青梅市と生活協同組合コープみらいとの協定締結式

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

青梅市と生活協同組合コープみらいとの協定締結式

生活協同組合コープみらいと災害時・見守り支援に関する協定を締結しました

市では、地震や風水害などの災害発生時に備え、避難体制の整備や非常食料等の備蓄などさまざまな対策を行っています。
また、高齢者等の見守りを充実させるための対策も行っています。

このたび、災害時の物資等を供給するための協定および高齢者等の見守り支援を行うための協定を結ぶこととなり、平成26年12月19日に竹内市長と生活協同組合コープみらい副理事長の上原正博氏出席のもと、協定締結式を行いました。全体写真

「災害時等における生活物資の供給等に関する協定」

災害への備えの充実強化を図るため、市の要請に応じて、コープみらいが提供可能である食料品、食器類、日用品、その他供給可能なものを提供するほか、緊急避難先として店舗駐車場を無償開放することとなっている。握手

 

これまでに市が締結している災害時に備えた各種協定はこちらをクリックしてください。

「青梅市見守り支援ネットワーク事業協定」

高齢化が急速に進展する中、当市においても65歳以上の割合が12月1日現在で26.01%となり、市民の約4人に1人が高齢者です。また、高齢者のみの世帯も増加を続けています。この協定により、コープみらいは、日常業務において高齢者等について「緩やかな見守り」を行い、異変を発見した場合に市に連絡をすることとなります。連絡を受けた市では、関係機関や地域と連携し対応をします。

これまでに市が締結している見守り支援ネットワーク事業に関する各種協定はこちらをクリックしてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:生活安全部防災課 

部署名:健康福祉部高齢介護課