本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 防災情報 > 災害時に備えた各種協定 > 災害時における福祉避難所施設利用に関する協定締結式

ここから本文です。

更新日:2015年3月16日

東京都立青峰学園と災害時における福祉避難所施設利用に関する協定を締結しました

締結式の模様市では、地震や風水害などの災害発生時に備え、避難体制の整備などのさまざま対策を行っております。

このたび、都立青峰学園(大門3-12)の一部施設を、災害時において障害者が使用する二次避難所(福祉避難所)として利用することについて協定を結ぶこととなり、3月12日に竹内市長と同学園諏訪校長が出席し、協定締結式を行いました。

協定の内容

災害発生後の避難所での生活において、特に配慮を必要とする障害者等を対象とした二次避難所(福祉避難所)として、市の要請に応じて、都立青峰学園(大門3-12)の一部施設を利用するものです。

 

 

二次避難所(福祉避難所)とは

災害時における避難所での生活において、障害者や高齢者、妊産婦等何らかの配慮を必要とする方々を対象として、必要に応じて開設する二次避難施設で、市では「二次避難所」として、青峰学園を含め12か所を指定しています。

対象者が最初に避難する「避難場所」ではありません。

これまでに市が締結している災害時に備えた各種協定はこちらをクリックしてください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:生活安全部防災課