本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 防災情報 > 防災講演会 > 平成28年度青梅市防災講演会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2017年1月31日

平成28年度青梅市防災講演会を開催しました

「自助・近助・共助でつくる、災害に強いまち」

平成29年1月15日(日曜日)霞共益会館3階大ホールにて、平成28年度防青梅市災講演会を開催しました。講演会

今回の防災講演会は、テレビでおなじみの防災・危機管理アドバイザー、防災システム研究所 所長 山村武彦氏をお迎えし、「自助・近助・共助でつくる 災害に強いまち」と題して講演して頂きました。実際の災害時の画像・映像を用いて、災害時にどのように行動すべきか、また備蓄品の準備や安全ゾーンの作成など、平常時から災害に備える重要性について講演していただきました。
自治会や各防災関係機関から多数の出席を頂き、参加者473人と会場は大変な盛況となり、皆熱心に耳を傾けていました。参加者からは「防災訓練の内容を見直す良い機会となりました。」「早速、備蓄品の準備を行いたい」等の声が聞かれ、大盛況のうちに閉会しました。

講演「自助・近助・共助でつくる、災害に強いまち」

講師:山村武彦(やまむら たけひこ)氏(防災システム研究所 所長 防災・危機管理アドバイザー山村武彦氏

講師プロフィール

新潟地震(1964年)を契機に防災・危機管理アドバイザーを志す。「真実と教訓は現場にあり」をモットーとし、日本国内をはじめ世界中で発生する災害の現地調査を実施。近年も東日本大震災、フィリピン台風災害、広島土砂災害、ネパール地震、熊本地震、岩泉水害などの調査を行う。地域と住民一人ひとりの防災力向上が不可欠と、安全安心なまちづくりのために講演活動などを通じ、防災意識啓発に活躍中。

アンケート

講演会のアンケート結果です。

アンケート結果(PDF:217KB)

アンケート用紙(PDF:48KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:生活安全部防災課