本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 防災情報 > 大雪に備えた事前の対策をお願いします

ここから本文です。

更新日:2018年1月18日

大雪に備えた事前の対策をお願いします

青梅市では、平成26年に発生した大雪により60cmを超える積雪が観測され、一部地域の孤立や交通機関のマヒなど甚大な被害をもたらしました。

被害の際、多くの市民の方の協力により、生活道路の除雪や一部地域の孤立解消が行われました。これらの経験を踏まえ、大雪に備えた事前の対策をお願いします。

事前に備えておくべきこと

  • 交通機関のマヒに備えて、1週間分程度の水・食料・燃料などを備蓄する
  • 長期停電に備えて、電気を使用しないで暖を取れるもの(使い捨てカイロ等)・懐中電灯・携帯ラジオを用意する
  • スコップなどの除雪道具を常備し、降雪時期到来前に点検・整備する
  • カーポートの倒壊に備えて、危険のない範囲でこまめに雪を降ろす
  • 持病をお持ちの方は、薬を切らさないよう、少し多めに持つ

降雪・積雪時の対応

最新気象情報の把握

市ホームページで最新情報を随時お知らせすると共に、防災行政無線と青梅市メール配信サービスで注意を呼びかけます。大雪警報等気象情報に注意しましょう。

外出時の注意

不要不急の外出はなるべく控え、やむを得ず外出する場合は次のことに注意してください

徒歩の場合

  • 路面が凍結しているところは通行せず、時間に余裕をもって行動する
  • 決して走らず、歩幅を狭くして、つま先とかかとを同時に地面につける
  • 雪が屋根から滑り落ちてくる可能性があるので、軒下は歩かない
  • 両手は常に使えるようにしておく
  • 切れた電線を発見した場合は、決して近づかずに電力会社(0120-995-662または042-202-2546)に連絡する

車の場合

  • 除雪作業に支障をきたすため、交通ルールには必ず従う
  • 雪用タイヤまたはチェーンを装着していない車は使用しない
  • 山沿いを走行する場合は雪崩に注意する

除雪時の注意

都・市では、所管する幹線道路を中心に除雪作業を行います。市民の皆さんは、共助の精神に基づき自宅付近の除雪や通行の確保、孤立・閉じ込め状況の解消にご協力ください。

なお、除雪は危険を伴う作業です。作業を行う場合は次のことに注意してください。

屋根等の雪おろしを行う場合

  • 例年死亡事故も発生する非常に危険な作業であることを認識し、安全第一の作業を心がける
  • 気温が高い日(0℃以上)や日差しが強い日は雪が滑りやすく、強風の日はバランスを崩しやすくなる
  • 複数人で作業を行う。やむを得ず1人で作業を行う場合は、安否確認が取れるよう心がける
  • 命綱・ヘルメット・滑り止め付きの長靴を着用し、安全管理を徹底する
  • 低い屋根での作業も気を抜かない
  • 屋根等の下にいる人の安全を確認しながら作業を行う
  • 作業に不安を感じる場合は、専門業者に依頼する

敷地や道路等の雪かきを行う場合

  • 見た目以上に重労働でなため、準備運動・整理運動をしっかり行う
  • 吸水性が良く、乾きやすい素材の服を着用し、体温調節に心がける
  • 道路・集水マス・消火栓に雪を出さない

積雪で家に閉じ込められた場合

市では緊急時以外は除雪を行いませんので、お困りの場合は、隣近所や自治会等で助け合ってください。ただし、生命にかかわる救援が必要な場合は、119番通報してください。

被害を受けてしまった場合

罹災証明書

被害に伴う保険金の請求等で罹災証明書が必要な場合は、申請してください。なお、提出先によっては罹災証明書が必要ないこともあるため、あらかじめ提出先に罹災証明書が必要かご確認ください。

罹災証明書の申請はこちらをご覧ください

粗大ごみ処理手数料の免除について

青梅市廃棄物の処理および再利用の促進に関する条例第47条に基づき、清掃リサイクル課の窓口で「罹災証明書」を提示し、申請していただくことで、処理手数料が免除される場合があります。なるべく早めに申請してください。※家屋の柱等の木材やコンクリート等の建築資材は処理できません。

詳細は清掃リサイクル課へお問い合わせください。

著しい被害を受けた家屋の固定資産税の減免について

固定資産税が課税されている家屋(住宅、店舗、工場、倉庫、車庫など)が、家屋の傾きや全体的な雨漏りなどの著しい被害を受けた場合、被害程度に応じてその家屋の税額が減免される制度があります。ただし、雨どいやひさしが落ちた、ガラスが割れたなどの軽微なものや屋根だけのカーポート(もともと課税されていません)の被害は減額の対象ではありません。

詳しくは、大雨・大雪などによる被害家屋の税の減免についてをご覧いただき、資産税課家屋係までお問い合わせください。

問い合わせ

部署名:生活安全部防災課