本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 防災情報 > 青梅市・杉並区災害時相互援助に関する協定の締結について

ここから本文です。

更新日:2014年11月5日

青梅市・杉並区災害時相互援助に関する協定の締結について

概要

平成21年5月21日に締結された「青梅市及び杉並区の交流に関する協定」の理念にもとづき、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震等を教訓として、災害が発生した際における相互援助の協力体制を確立するため、下記により災害時相互援助に関する協定の締結式を行いました。

締結式の内容

日時

8月28日(日曜日)午前11時40分開式

場所

青梅市役所2階201、202会議室

出席者

竹内青梅市長、田中杉並区長、浜中青梅市議会議長、藤本杉並区議会議長ほか

協定の骨子

  • 青梅市および杉並区は、地震等により災害が発生した場合、両自治体が相互に協力し、応急対策及び復旧対策を円滑に遂行する。
  • 両自治体のうち、いずれかまたは双方が被災し、応急対策及び復旧対策に必要な物資、資材、人員等に不足を来す場合、被災した自治体は、他方の自治体に必要な物資等の援助要請することができる。
  • 被災者支援としては、避難住民や要援護者の受入れおよび帰宅困難者への休憩場所等の提供を行う。

締結式の写真

握手

集合

その他

  • 青梅市としては、区との災害時相互援助に関する協定は初めてのこと。
  • 杉並区としても多摩地区の市との災害時相互援助に関する協定は初めてのこと。

問い合わせ

部署名:生活安全部防災課