本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 青梅市消防団 > 平成23年度の活動記録

ここから本文です。

更新日:2013年1月31日

平成23年度の活動記録

主な活動記録(詳細はタイトルをクリック)

 春の火災予防運動に伴う青梅消防署合同の消防演習を行いました。(3月6日・7日)

平成24年3月1日(木曜日)から7日(水曜日)までの7日間、平成24年春の火災予防運動が実施され、それに伴い3月6日(火曜日)と7日(水曜日)の2日間、JR青梅駅と特別養護老人ホーム「長渕園」(長淵)において、青梅市消防団と青梅消防署、各関係機関合同による消防演習を実施しました。自動販売機の下敷きとなった利用客の救出訓練

6日(火曜日)にJR青梅駅で実施した演習では、「地震が発生し、駅利用客が駅前にて転倒した重量物(自動販売機)の下敷きになり、けが人が発生。また、駅舎から出火し上階に延焼拡大中であり、屋上に数名の逃げ遅れが発生した」との想定のもと、演習に出場した第1分団の団員は、下敷きとなった利用客の救出訓練のほか、一斉放水訓練に従事しました。

7日(水曜日)の「長渕園」での演習では、「耐火造建物の1階厨房から出火、消防隊到着時1階が一部延焼中で、出火室及び屋上に逃げ遅れあり」との想定のもと、演習に参加した第2分団の団員は、自衛消防隊に協力し避難誘導訓練を行ったほか、一斉放水訓練に従事しました。

どちらの訓練会場も、多くの利用者、入所者を抱えているため、消防団員を含めた参加者は皆、真剣なまなざしで訓練に励んでいました。

また、今回の訓練の他にも、各分団においては、4日(日曜日)の午前7時から非常招集訓練を実施し、訓練終了後には、各分団管内の山林パトロールを実施したほか、運動期間中は消防車両での巡回広報を実施しました。

 第46回青梅マラソン大会に青梅市消防団マスコットキャラが参加しました。(2月19日)マラソンコースを更新する団太くん

平成24年2月19日(日曜日)、晴天のもとで開催された「第46回青梅マラソン大会」において行われたパレードにおいて、青梅市消防団のマスコットキャラクター「おうめし消防 団太くん」が参加し、青梅消防少年団鼓笛隊と東京消防庁マスコットキャラクター「キュータくん」らと、マラソンコースを行進しました。
行進中は、手作りによる愛らしい「ゆるキャラ」ぶりが発揮され、沿道の子どもたちから多くの声援をいただきました。

 

 

 消防団員を対象した普通救命講習会を実施しました。(2月17日)

平成24年2月17日(金曜日)、青梅市役所2階会議室において、東京消防庁青梅消防署の協力により、消防団員を対象とした普通救命講習会を実施しました。
青梅市消防団では、全消防団員に対し普通救命講習受講を義務付けており、今回の講習は、主に期限切れとなった団員を対象に実施しました。
災害現場へ出動する消防団員にとって応急手当方法の習得は必須であることから、参加した団員は皆、真剣に受講していました。
また、当日は、応急手当普及員の資格を持った団員も多数参加し、消防署の講師の補助を務めました。

 消防総監表彰旗受賞祝賀会が開催されました。(2月8日)

平成24年1月6日(金曜日)、東京ビックサイト駐車場(東京都江東区)にて開催された、東京消防庁主催「東京消防出初式」において、「平成23年度消防総監定期表彰式」が実施され、青梅市消防団に対し「消防総監特別優良表彰(表彰旗を添える表彰)」が授与されました。鏡びらき
その後、平成24年1月8日(日曜日)に開催された「平成24年青梅市消防団出初式」の場において、消防総監代理から「消防総監表彰旗」が授与されました。

この賞は、「規律厳正にして訓練に精励しかつ平素の活動特に優秀」であると認められた消防団に対し授与されるもので、青梅市消防団にとっては、昭和62年1月の受賞以来、25年ぶり2度目の受賞となります。

今回の受賞を祝し、平成24年2月8日(水曜日)、青梅スイート・プラム「ふようの間」において、「消防総監表彰旗受賞祝賀会」が開催されました。

当日は、竹内青梅市長を始め、青梅市議会議員や代議士、都議会議員といった御来賓の他、東京消防庁からは、山本青梅消防署長を始め、伊藤克巳防災部長、徳留壽一第九消防方面本部長に御出席いただきました。
また、消防団関係からは、歴代の青梅市消防団の正副団長を始め、三多摩消防団連絡協議会副会長である日野市、昭島市の両消防団長、西多摩地区7団の各消防団長、更には隣接する飯能、入間市の両消防団長までもが、お祝いに駆けつけていただきました。
その他にも、青梅市自治会連合会長や各支会長、消防関係団体の長にも、御多忙中にもかかわらず多数御出席いただきました。

式典では、田上副団長の開式のことばに続き、団旗および表消旗が会場に入場した後、金子団長および竹内青梅市長があいさつを行い、御出席いただいた方々に対し御礼を述べた後、御来賓の方々から御祝辞をいただきました。

その後の祝賀会では、金子団長、竹内市長を含む14名の方々で、盛大に鏡開きが行われた後、元青梅市消防団長で現青梅防火防災協会会長である岩波勝二氏の音頭により乾杯となりました。

以後、なごやかな雰囲気の中での歓談が続いた後、最後に御来賓の方々による手締めや万歳三唱が行われた後、恩田副団長による閉式のことばをもって、祝賀会は終了しました。

特別優良表彰状 消防総監表彰旗

 

 「文化財防火デー」による市内文化財に対する消防演習が行われました。

毎年1月26日は、「文化財防火デー」です。塩船観音寺での訓練
「文化財防火デー」とは、昭和24年1月26日、現存する世界最古の木造建築物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機に制定され、毎年この日を中心として、全国各地で防火訓練などの文化財防火運動を展開しています。

「第58回文化財防火デー」となる今回は、市内の文化財である「天寧寺」(根ヶ布)、「塩船観音寺」(塩船)の2か所において、平成24年1月25日(水曜日)と26日(木曜日)の2日間、青梅市消防団と青梅消防署との合同消防演習を実施しました。

 

 平成24年青梅市消防団出初式が挙行されました。(1月8日)

平成24年1月8日(日曜日)、新春の穏やかな日差しの下、恒例の「平成24年青梅市消防団出初式」が挙行されました。整列する消防団員
会場となった永山公園グラウンドには、凛々しい制服姿の青梅市消防団員のほか、市内事業所の自衛消防隊員と、40台を超える消防車両が場内狭しと集まり、来場者に対し圧倒的な存在感を示しておりました。

午前10時、田上副団長の開式宣言により始まった今回の出初式では、竹内青梅市長の告辞、金子団長の訓示、青梅消防署長のあいさつと続いた後、去る1月6日に東京ビックサイトで開催された「東京消防出初式」において、青梅市消防団が特に優秀な消防団であると認められ、東京消防庁消防総監から「消防総監特別優良表彰旗」が授与されたことに伴い、当日、東京消防庁消防総監代理として出席された伊藤防災部長から、金子団長、川鍋副団長に対し、表彰状と表彰旗が贈られました。

総監旗の授与それに続き、日頃の消防団活動に対し多大な御協力をいただいた3団体1個人と、勤務成績が優秀な団員・分団に対する表彰が行われ、金子団長からそれぞれの受賞者に対し、表彰状および記念品等が贈られました。

その後、来賓の祝辞をいただいた後、青梅消防少年団鼓笛隊パレードを先頭に、当日参加した全消防団員と市内事業所(日立アプライアンス(株)、日立製作所マイクロデバイス事業部、東芝青梅事業所、青梅信用金庫、青梅市役所)の自衛消防隊員および消防車両の分列行進を実施、青梅消防署はしご車隊によるくす玉割りが花を添える中、来賓を含めた会場内の多くの観覧者に対し、その雄姿を披露しました。

分列行進が終了すると、今回の出初式から初めて実施することとなった、消防車両8台による市内巡回パレードが、第8分団山田副分団長指揮のもと出発しました。
なお、パレード走行中には、沿道から多くの方々から御声援をいただきました。

消防車両のパレード出発後、今年も式典の進行に御協力いただいた青梅市青少年吹奏楽団による記念演奏が、来場者の耳を楽しませた後、青梅市消防団出初式の一番の見せ場とも言える、各分団から選抜された団員達に5色の一斉放水よる消防演技(一斉放水)が、第3分団中里副分団長指揮のもと行われました。

団員達の一糸乱れぬホース延長の後、赤、青、黄、緑、紫の鮮やかな5色の色水が放水されると、会場内からは多くの歓声や拍手が沸き起こりました。

一斉放水終了後は、山際副団長による閉式宣言により、「平成24年青梅市消防団出初式」は、無事、終了いたしました。

なお、式典開催中は、例年同様、消防車両の展示や子ども用防火服での記念撮影や消防団PR風船の配布なども行い、青梅市消防団のPRに努めました。


  第44回青梅産業観光まつりにおいて、消防団PRコーナーを開設しました。(11月5・6日)

平成23年11月5日(土曜日)と6日(日曜日)の2日間、青梅市永山公園グラウンドで開催された「第44回青梅産業観光まつり」において、青梅市消防団では「消防団PRコーナー」を開設しました。
消防団の広報活動の一環として、昨年に続き2回目の開設となったこの「PRコーナー」では、現役の消防団員たちが、風船やペーパークラフトといったPRグッズの配布や、消防自動車を展示しての記念撮影、さらには消防用資機材(ジェットシューター)を使用しての的当てゲームなどを実施しました。
今回実施した消防車両での記念撮影では、子ども用の防火衣を着用して消防車に乗れるとあって、多くの親子連れの方々に喜んでいただき、また、ジェットシューター的当てゲームでは、たくさんの子どもたちに楽しんでもらうことができました。
他にも、青梅市消防団のマスコットキャラクターである「おうめし消防 団太くん」着ぐるみも登場し、子どもたちに大人気となりました。
2日目は途中から雨も降ってしまいましたが、両日とも多くの来場者とふれあうことができ、消防団員を身近に感じていただくことができた2日間となりました。

子ども用防火衣を着て記念撮影 PR用風船を配る団員 賑わいを見せる的当てゲーム 子どもたちに人気の団太くん

 第28回西多摩地区消防大会において、第6分団・第7分団が入賞しました。(10月22日)整列する8市町村の消防団員

平成23年10月22日(土曜日)、朝から雨模様の中、東京サマーランド・ファミリーパーク駐車場において、第28回西多摩地区消防大会(西多摩地区消防団連絡協議会主催)が開催されました。
この大会は、西多摩地区の8市町村(青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村)の消防団の代表が、消防ポンプ操法の技量を競い合うというもので、2年に1度実施されます。
青梅市からは、小型動力ポンプ操法の部に小曾木地区を管轄する第6分団の選抜隊が、また、自動車ポンプ操法の部に成木地区を管轄する第7分団の選抜隊が、それぞれ出場することとなり、両分団とも、今大会での入賞を目指し、夏の暑い頃から分団員一丸となって、厳しい訓練に励んできました。
大会当日は、いずれの消防団も精鋭を出場させるという、ハイレベルの争いとなりました。
開会式が修了した後、まず、小型動力ポンプ操法の部が開始され、事前の抽選により出場1隊目となった第6分団選抜隊は、今大会最初の演技という非常に緊張感が高まる中、また、開会式途中から降り始めた雨が止まぬ中での操法演技となりました。
しかし、出場した4人の選手は皆リラックスし、プレッシャーをものともせず、日頃の練習で見せていた隙のない演技を本番でも行うことができ、場内を大いに沸かせました。

待機線に立つ第6分団選手 標的に放水する第6分団選手 待機線に立つ第7分団選手 標的に放水する第7分団選手 

午後には、自動車ポンプ操法の部が始まり、第7分団選抜隊は、7番目の出場となりました。長時間におよぶ緊張状態に置かれていたにもかかわらず、本番に挑んだ5人の選手は、それまで見せた他団の演技に勝るとも劣らない、非常に手ごたえのある演技を披露しました。
結果は、小型動力ポンプの部に出場した第6分団選抜隊が準優勝、自動車ポンプの部に出場した第7分団選抜隊は第3位というダブル入賞となりました。
残念ながら、優勝にはあと一歩及びませんでしたが、今回の結果は、長期に渡り、寝食を忘れ、休日を返上しながら訓練に励んだ選手を含む両分団員全員と、それを支えた家族の皆さん全員で勝ち取ったものであり、優勝以上に価値のあるものとなりました。
今回、青梅市消防団の実力を見せつけることとなった第6分団、第7分団。
その訓練中からさまざまな御協力、御支援いただきました方々に対し、この場をお借りして深く御礼申し上げます。
準優勝に喜ぶ第6分団選手 第3位に喜ぶ第7分団選手

  平成23年度東京都消防褒賞において、青梅市消防団員が表彰されました。(10月20日)会場での記念撮影

平成23年10月20日(木曜日)、東京都庁第一本庁舎内の大会議場において、平成23年度東京都消防褒賞贈呈式が行われ、東京都内の消防団5団と消防団員195名が受賞し、青梅市消防団からは、第1分団(青梅地区)の中村分団長と第5分団(沢井地区)の井上分団長の2名が受賞しました。

この賞は、地域住民の生命・財産の安全確保に従事している消防団及び消防団員の功績を讃えることを目的としており、消防団員においては、20年以上勤務した者で、特に消防業務の功績が顕著であり、消防団員の模範となる者が受賞対象となっております。
今回受賞した2名についても、多年にわたり消防の発展に務め、その功労が顕著であると認められたことにより受賞しました。

贈呈式当日は、あいにく石原慎太郎東京都知事は欠席となりましたが、副知事から代表受賞者に対し賞状と記念章の伝達と、石原都知事からの式辞が代読されました。
式典修了後は、東京消防庁音楽隊による記念演奏が行われ、式典に花を添えていました。

 東京消防庁音楽隊による記念演奏 中村分団長の表彰状およびき章 井上分団長の表彰状およびき章

 金子青梅市消防団長が、東京都功労者表彰を受賞しました。(10月3日)表彰会場において撮影

平成23年10月3日(月曜日)、東京都庁第一本庁舎5階大会議場にて、平成23年度東京都功労者表彰式が行われました。
この表彰は、東京都内において顕著な功績または模範として推奨するに価する業績もしくは徳行があったものに対し行なわれるものです。
今年の表彰式においては、金子青梅市消防団長が、多年に渡る消防団活動が認められ、東京都功労者表彰(消防・災害対策功労)を受賞いたしました。
また、当日は、消防・災害功労部門の8団体24名もの受賞者の中から、金子団長が代表受領者として選ばれたことから、表彰状および記念品については、段上において直接、石原慎太郎東京都知事から金子団長へ手渡されるという栄誉にも浴されました。
なお、この日は名誉都民の顕彰も合わせて行なわれており、漫画家の水木しげる氏と元体操選手の小野喬氏に対し名誉都民の称号が贈られ、お二人のユーモアを交えたスピーチにより、式典は大いに和んだものとなりました。
都知事より表彰状および記念品を授与される金子団長 三多摩地区の消防団受賞者との記念撮影(中央が団長) 都知事より贈られた金杯 都知事から贈られた表彰状

 青梅市消防団・青梅消防署合同訓練を実施しました。(9月20日)滝本駅前に集結する消防団員と可搬式ポンプ

平成23年9月20日(火曜日)、青梅市消防団では、青梅消防署との合同による送水訓練を実施しました。
この訓練は、震災時における水利状況を踏まえた、消防団と消防署との連携による効果的な送水要領を取得することを目的としたものです。
御岳山を会場とした今回の訓練は、御岳山ケーブルカー滝本駅の脇を流れる大沢川から消防ポンプ車により取水し、参道上に可搬式消防ポンプ11台を設置してホースを延長、山上にある御岳山ふれあいセンター敷地内の防火水槽へ充水するという、送水延長2,890m、高低差397mにも及ぶ大変難易度の高い訓練となりました。整列する参加団員と消防署員
当日は、雨が降りしきる中での訓練となりましたが、参加した団員は、雨に濡れるのも厭わず、消防署員と連携を図りながら熱心に取り組んだ結果、無事ふれあいセンターまで送水することができました。
今回の訓練は、日々の訓練にはない専門的な知識と技術が求められた高度なものとなりました。青梅市消防団では、今回の訓練で得た教訓を、地域防災に役立てるべく、今後も知識と技術の向上に努めます。

 

 


 大沢川からポンプ車にて取水 参道上にホースを連結し延長 途中、可搬式ポンプで中継して送水 無事、ふれあいセンターへ送水

 青梅市消防団震災対応訓練を実施しました。(7月17日)

三連休の中日となった平成23年7月17被災場所を地図上で確認する金子団長と消防署長日(日曜日)、青梅市消防団では震災対応訓練を実施しました。
青梅市消防団では、日ごろから、大地震などの災害の発生に備え、各分団ごとにそれぞれが所管する地域の危険か所などを把握し、迅速な消火活動や救助活動などが行える体制を整えており、今回の訓練は、その成果を確認するために行ったものです。
訓練当日は、午前6時に多摩直下型地震が発生、青梅市内に震度6強の強い揺れが発生したと想定して、金子団長以下消防団員が、市役所、各市民センター、各消防団詰所などへそれぞれ非常参集しました。
その後、市内各所の消防団詰所を中心に、消防団員が徒歩や消防車両などにより地域を巡回しながら、被害状況の確認や被災者の救助などを行うといった情報収集・救助訓練のほか、巡回する団員から得た情報を速やかに分団本部や団本部へ伝達、また、分団本部や団本部については、次々に送られてくるそれらの情報を的確に把握し、対応策の決定を迅速に図ることを目的とした情報伝達訓練など、まさに実戦さながらの訓練を行いました。
今回の訓練は、正午までの6時間に渡り、休みなく行いましたが、参加した団員は皆、最後まで緊張感を持って訓練に当たっていました。
このような訓練を行いながら、地域住民の安全・安心を守るのため、日々尽力する消防団員、また、それを支える御家族に対し、これからも市民の皆さまの御理解、御支援をいただきますようお願いします。

市民センターに設置された分団本部 分団長の指示により被災現場へ出動する消防自動車 現場から寄せられた情報を地図に落とし、管内の状況を把握する

 第1分団・第8分団が東京消防庁第九消防方面本部長表彰を受章しました。(6月29日)写真・受章後の記念撮影

平成23年6月29日(水曜日)、東京都八王子市にある東京消防庁第九消防方面本部において、同本部長から青梅市消防団第1分団および第8分団に対し、表彰状が授与されました。
これは、平成23年5月22日未明に市内で発生した建物火災の際、懸命な消火活動を行った第1分団および第8分団の活躍が認められ、表彰されたものです。
方面本部とは、東京消防庁(本庁)と消防署、消防署相互間の消防事務に関する指導・監督・調整を行い、常に消防業務の円滑な推進に取り組んでいる機関であり、第九消防方面本部は、西多摩地域・南多摩地域の8市3町1村165万人の都民の方々の生命と財産を守るため、8署(八王子消防署、青梅消防署、町田消防署、日野消防署、福生消防署、多摩消防署、秋川消防署、奥多摩消防署)1分署(由木分署)21出張所と連携して、管轄する地域の防災を担っている機関です。
本部長室にて執り行われたこの日の表彰式には、金子青梅市消防団長のほか青梅消防署長も同席し、和やかな雰囲気の中、本部長から第1分団長および第8分団長に対し、それぞれ表彰状が手渡されました。
なお、今回の火災に際し、消火活動を行った第2分団第5部に対しては、青梅消防署長表彰が授与されました。

写真・本部長表彰を受ける第1分団長 写真・第1分団が受章した表彰状 写真・本部長表彰を受ける第8分団長 写真・第8分団が受章した表彰状

 青梅市消防団水防訓練を実施しました。(6月19日)

二人一組で土のうを作成平成23年6月19日(日曜日)、沢井市民センター運動広場において、水防訓練を実施しました。
この訓練は、梅雨時期の降雨や近年多発している夏のゲリラ豪雨、さらには秋の台風シーズンといった出水期を迎えるに当たり、市内に水害が発生した際、迅速な水防活動がとれるようにすることを目的としたもので、当日は、各分団から参加した新入団員や未経験団員等90人を対象に、青梅消防署の指導のもと、水防活動の基本となる土のうの作成方法や積み方(工法)などについて、実践的に学びました。
また、当日は、沢井地区において土砂災害対応訓練が実施されていたことから、地域住民の方々も見学に訪れ、団員たちの熱心な活動を見ていただきました。

作成した土のうを積み上げる 積み土のう工法の実施 かけやを使って土のうの形を整える ビニールシートをかぶせた改良積み土のう工法

  青梅市消防団幹部研修視察を実施しました。(5月28~29日)

平成23年5月28日(土曜日)から29日(日曜日)にかけて、青梅市消防団長以下副分団長までの幹部を対象とした研修視察を実施しました。
当日は、青梅消防署長も来賓に迎え、一路、研修先である長野県諏訪市消防署へと向かいました。牛山諏訪市消防団長との記念撮影
諏訪市消防署では、地元の消防団である諏訪市消防団の牛山団長から、諏訪市内で発生した豪雨災害などの対応について、貴重なお話を伺いました。
諏訪湖を有する諏訪市では、大雨が降ると、河川の増水等によって、市内各所で浸水する被害が多発するため、諏訪市消防団はその都度水防活動に従事しているとのことです。
中でも、平成18年7月に発生した豪雨災害では、市内各所で浸水被害が続出し、浸水面積は545ヘクタールにも上り、床上浸水1,076棟、床下浸水1,465棟という甚大な被害が発生したとのことです。
この水害が一応の終息を迎えるまでの10日間、諏訪市消防団では延べ2,240人もの消防団員が昼夜を問わず、消防用ポンプを使った排水作業や警戒巡視、避難者誘導など、市民の安全を守るため活動したとのことです。
今回の研修視察では、その時の諏訪市消防団が取った活動内容などについて、写真等を用いながら分かりやすく解説していただき、非常に参考となりました。
青梅市も大小さまざまな河川を有していることから、青梅市消防団としても、これからの梅雨時期や秋の台風シーズンでの大雨に備え、諏訪市消防団で学んだ知識を最大限に活用しながら、水害から市民を守っていきます。

出発前の集合風景 牛山諏訪市消防団長による説明 今回の研修のため資料を作成してもらいました 熱心に受講する青梅市消防団幹部

 青梅市消防団幹部を対象とした「S-KYT(消防団危険予知訓練)研修」を実施しました。(5月15日)

平成23年5月15日(日曜日)、青梅市役所2階会議室において、「S-KYT(消防団危険予知訓練)研修」が、青梅市消防団長以下各分団に所属する副部長以上の団員、総勢103人を対象に行われました。
この研修は、消防団の活動現場に潜む目に見えない多種多様な危険から、消防団員を守るために、一人ひとりの危険に対する感受性を高め、現場において適切な対応ができるようにすることを目的とした日常訓練の一つです。
当日は、「消防団員等公務災害補償等共済基金」から派遣された講師から、安全教育用のDVDを用いた講義のほか、「指差し呼称」や「指差し唱和」など、日々の安全管理に必要な基本動作などを学びました。
また、研修の後半では、実際の消防団活動現場のイラストを見て、そこに潜んでいる危険性を見抜くというシミュレーション訓練も行われました。
5~6人のグループに分かれて進められた今回の研修では、どのグループも熱心に取り組んでいたため、会場内は終始熱気が満ちていました。
今回の研修で学んだことを実践しながら、今後も青梅市消防団は、「ゼロ災」を目指して活動していきます。

朝の整列風景 熱心に受講する参加団員 dvdを用いての講義風景 指差し呼称の実践 団結力を高めるタッチアンドコール グループ討議風景 各グループごとに検討結果をまとめる まとめた内容をグループごとに発表

 

 第44回青梅産業観光まつりにおいて、消防団PRコーナーを開設しました。(11月5・6日)ジェットシューターでいざ消火!

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:生活安全部防災課