本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 防災情報 > 災害時に備えた各種協定 > 災害時における畳の提供に関する協定

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

災害時における畳の提供に関する協定

「5日で5,000枚の約束。プロジェクト実行委員会」と「災害時における畳の提供に関する協定」の締結式を行いました

市では、地震や風水害などの災害発生時に備え、避難体制の整備等の対策を行っています。

4月27日に「5日で5000枚の約束。プロジェクト実行委員会」と「災害時における畳の提供に関する協定」の締結式を行いました。

 

締結式の様子(締結式の様子)


「5日で5000枚の約束。プロジェクト実行員会」は、災害時の避難所に新しい畳を迅速に届け、避難所生活の厳しさを少しでも和らげることを目的とした、全国の畳店によるネットワークです。この協定は、市内で地震、風水害など災害が発生した場合に、市が開設する避難所に新しい畳が無償で提供されます。このことにより、被災者の避難生活の負担軽減、環境改善が図られることが期待できます。

 

(左)浜中市長、(右)関東地区委員長の岡田氏(左)浜中市長、(右)関東地区委員長の岡田氏

 

 

市内の畳店

本プロジェクトに参加されている、青梅市内の畳店の方々。

(左)株式会社石川畳店の石川氏、(中央)橋本畳店の橋本氏、(右)本橋畳店の本橋氏

 

(右から岡田関東地区委員長、本橋畳店の本橋氏、石川畳店の石川氏、橋本畳店の橋本氏)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:生活安全部防災課