本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > イベントカレンダー > 市立美術館企画展「輝く女性―美術界における女流―」

ここから本文です。

更新日:2017年6月27日

市立美術館企画展「輝く女性―美術界における女流―」

現在の日本では「一億総活躍」が叫ばれ、特に女性に関しては、これまで以上に輝く存在になることが期待されています。では、美術界における女性は、過去から現在に至るまでどのような歩みをたどってきたのでしょうか。
市立美術館には設立の契機となった洋画家・小島善太郎氏との関係から、彼が創立に関わった独立美術協会の作家の作品が多く収蔵されています。また、同会は比較的早くから女性に門戸を開いていたため、収蔵作品に占める女流画家の割合が高くなっています。
今回は、独立美術協会に集まった女流画家13人による約30点の作品を展示します。個性豊かな作品をお楽しみください。

日時

2017年7月15日から2017年9月3日  午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)

内容

休館日 月曜日
7月17日(祝)は開館し、18日(火曜日)は休館
観覧料 大人200円、小・中学生50円
学芸員によるギャラリーガイド
日時 8月6日(日曜日)、19日(土曜日) 午後2時~2時30分(予定)
定員 先着20人(時間前に受付へ集合)
費用無料(要観覧券)
問い合わせ 市立美術館電話24-1195

問い合わせ

部署名:教育部美術館担当