本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 福祉 > 臨時福祉給付金等 > 臨時福祉給付金等について

ここから本文です。

更新日:2017年2月28日

臨時福祉給付金等について

臨時福祉給付金(経済対策分)を支給します

臨時福祉給付金(経済対策分)

臨時福祉給付金(経済対策分)とは

消費税率の引き上げによる影響を緩和するため、国の経済対策の一環として、平成29年4月から31年9月までの2年6か月分を、対象者に一括して支給されるものです。

 

支給対象者

基準日(平成28年1月1日)に、青梅市に住民票のある方で、28年度市民税・都民税が非課税の方

※ご自身を扶養している方が課税されている場合および基準日において次の方は、対象となりません。

1.生活保護制度の被保護者

2.中国残留邦人等に対する支援給付の受給者

3.国立ハンセン病療養所等入所者家族生活援護費の受給者

4.国立ハンセン病療養所非入所者給付金(援護加算分)の受給者

配偶者からの暴力を理由に避難している方等で、他の市区町村から住民票を移さずに青梅市にお住まいの方は、青梅市で申請を受け付けできる場合がありますので、臨時福祉給付金担当へご相談ください。

 

支給額

支給対象者1人につき1万5千円(1回のみ)

 

申請書の送付

申請書は原則として、29年3月上旬までに支給対象者と思われる方に送付します。

※未申告などの理由により市民税が確定されていない方には送付できませんのでご注意ください。

※申請後の審査により対象とならない場合があります。

※申請書が送付されない場合でも、対象と思われる方は、臨時福祉給付金担当へご相談ください。

  

申請手続

申請先が青梅市となる方は、28年1月1日時点で青梅市に住民票のある方となります。

29年3月1日から6月30日(消印)に郵送または直接窓口へ申請書を提出してください。

※臨時窓口を3月1日~31日まで市役所1階で開設します。(土・日曜日、祝日を除く午前8時30分~午後5時、木曜日は午後8時まで)

※4月1日以降は臨時福祉給付金担当(市役所6階)となります。(土・日曜日、祝日を除く午前8時30分~午後5時)

本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)等の提示をお願いします。(郵送の場合はコピーを提出してください)

原則として、申請期間外の申請は受け付けできませんのでご注意ください。

 

支給方法

29年3月下旬以降順次、ご指定の金融機関口座へ振り込みます。

※口座をお持ちでない方はご相談ください。

“サギ行為”にご注意ください

臨時福祉給付金等の手続きで、市役所などからATM(現金自動受払機)の操作や手数料の振込をお願いすることは絶対にありません。
不審な電話がかかってきた場合は、青梅警察署0428-22-0110へご連絡ください。

問い合わせ先

  • 申請書について
    青梅市臨時福祉給付金担当電話:0428-22-1111
  • 制度の概要について
    厚生労働省専用ダイヤル電話:0570-037-192

問い合わせ

部署名:健康福祉部臨時福祉給付金担当