本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > ごみとリサイクル > 生ごみのリサイクル > ダンボール箱を使って

ここから本文です。

更新日:2013年2月20日

ダンボール箱を使って

家庭から出る生ごみは、堆肥化することにより有効利用できる貴重な資源であり、この資源の循環を実現するひとつの方法が生ごみの堆肥化です。

身近にあるダンボールで家庭菜園等に使う堆肥を作ってみませんか。

ダンボール箱を使用した堆肥作り(PDF:799KB)

ポイント(夏と冬では注意することが異なります。)

ミカン箱やリンゴ箱がちょうど良いです

  • 生ごみは、水切りをし、細かくまたは小さくして入れると分解が早く進みます。水切りのコツはこちら
  • 夏場は、温度が40℃以上になるようにします。温度が高くなると虫も寄ってきますが、コンポストキャップをしっかりかぶせておけば大丈夫です。
  • 冬は、気温が20度以上の場所か、室内に置くかして、よく陽に当てるようにください。。(10度を下回ると、分解しにくいようです)
  • 夜間室外に置く場合は、古い毛布やオーバーコートで包んで温度が下がらないようにしてください。
  • 好気性微生物は空気が大好きです。生ごみを入れなくても毎日かき混ぜるようにしてください。

温度を保つには・・・

  • ダンボール箱を日当たりの良い場所に置いておくと、乾燥して温度が下がってきます。その場合は、少しずつ水分を与えてよくかき混ぜてください。
  • 虫が発生した時は、温度を上げるようにします。ぬかや揚げ物に使用した廃油を加え、60℃以上の温度を2日ほど続けると虫が死滅します。
  • 虫や臭いは、水分過多が原因のことが多いので、日光に当てるのが効果的です。
  • ぬかには微生物がたくさん含まれています。こまめにぬかを足して、よくかき混ぜてください

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:環境部清掃リサイクル課