本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > ごみとリサイクル > ごみの分別と出し方 > 廃食用油(天ぷら油等)の出し方

ここから本文です。

更新日:2015年2月20日

廃食用油(天ぷら油等)の出し方

家庭で不用となった廃食用油(てんぷら油等)を青梅市リサイクルセンターで無料回収します

今までは凝固剤で固めたり、新聞紙や布にしみこませて「燃やすごみ」で出していた食用油をそのまま回収します。回収した油は、BDF(バイオディーゼル燃料)に精製されます。

廃食用油は、天かすなどの固形物を紙でこすなどして取り除き、油の入っていた容器やペットボトルなどの容器に入れてお持ちいただき、リサイクルセンターに設置してある容器に入れてください。

なお、油を持ち運ぶために使用したペットボトルなどの容器は、リサイクルセンターでは回収しませんので、お持ち帰りください。

また、廃食用油をお持ちいただいた方には、市指定収集袋(容器包装プラスチックごみ)小袋1枚をさしあげます。

回収できる油:植物性油(サラダ油、オリーブ油など)

回収できない油:牛脂、ラードなどの動物性油、事業活動から出る廃食用油など

回収日時:月曜日~金曜日(祝日、年末年始は除く)および日曜日、午前9時~午後4時

 

容器

問い合わせ

部署名:環境部清掃リサイクル課