本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > ごみとリサイクル > 生ごみのリサイクル > たい肥にできるもの、できないもの

ここから本文です。

更新日:2015年1月14日

たい肥にできるもの、できないもの

どんな生ごみでもたい肥になるわけではありません。

台所から出る生ごみにはいろいろな種類があります。三角コーナーなどには、食べ物以外のごみも混ざりがち。異物が入っていると、良いたい肥にならないので、きちんと分別しましょう。

また、魚の内臓など生のたん白質は、悪臭と虫発生の原因になりやすいので、燃やすごみとして排出するのも選択肢の一つですが、どちらにしても夏は腐りやすいので、一度焼いてから処理しましょう。

電動の生ごみ処理機にも、投入しない方がよい生ごみがありますので、説明書で確認しましょう。

たい肥にできるもの

 

  • 調理くずや食べ残し(腐ったものはダメ、カビがはえたのは大丈夫)

  • 魚の骨
  • 卵の殻、お茶がらなど

     

玉ねぎやトウモロコシの皮などは、分解に時間がかかります。

たい肥にできないもの

  • プラスチック、ビニール、金属、ガラス、木、ゴム、紙など、食べ物ではないもの
  • 豚骨などの太い骨、貝殻など
  • 腐った生ごみやペットのふん(有害な微生物が発生するため)

問い合わせ

部署名:環境部清掃リサイクル課