本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 行財政 > 行財政改革 > 青梅市行財政改革推進プラン

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

青梅市行財政改革推進プラン

「青梅市行財政改革推進プラン」とは、平成20年度から平成24年度までの5か年に、市が取り組むべき行財政改革施策の指針として策定したものです。

市では、青梅市総合長期計画に掲げる市の将来像を実現するため、行政サービスの向上、効果的・効率的な行政運営、財政の健全化を目指して、間断なく行財政改革の取組を推進してきました。

しかしながら、三位一体改革の影響、人口減少・高齢社会の到来、団塊の世代の大量の退職などにより、地方自治体を取り巻く環境は急速に変化していることから、常に行政経営の手法やあり方等について、見直し・改善に取り組んでいかなければなりません。

そこで、多様化した市民ニーズにこたえ、より良い公共サービスを提供するとともに、安定した行政経営を目指すため、今後の行財政運営の基本的な指針として、「行財政改革推進プラン」を策定しました。

青梅市行財政改革プランの概要

1 期間

平成20年度から平成24年度までの5か年

2 特徴

  • (1)「青梅市行財政改革大綱」※1の考え方を踏襲しています。
  • (2)「青梅市集中改革プラン(PDF:340KB)※2を反映し、数値目標を設定しています。
  • (3)青梅市行財政改革推進委員会※3の「青梅市における新たな行財政改革推進プランの策定に向けての提言」(平成19年6月)を最大限尊重し、策定しています。

※1・・・平成15年に策定した、実施期間5か年(平成15年度から19年度まで)の行財政運営の基本的な指針。

※2・・・「青梅市行財政改革大綱」にもとづき、平成17年度から平成21年度まで特に集中して取り組む項目について、目標を数値化したもの。

※3・・・行財政全般にわたる改革を推進するため、知識経験者、市民代表、経営者代表および労働組合代表により構成される委員会。

3 構成

基本的に青梅市行財政改革大綱の項目を踏襲し、その中の区分を整理し、これからの行財政改革を進める視点として、行財政改革を進める3つの柱(PDF:15KB)に集約し構成しています。

青梅市行財政改革プランはこちらからご覧になれます。

一括版

分割版

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:企画部行政管理課