本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 平和事業 > 平成22年度青梅市平和事業 大石芳野写真展「戦世(いくさよ)をこえて」

ここから本文です。

更新日:2012年2月29日

平成22年度青梅市平和事業 大石芳野写真展「戦世(いくさよ)をこえて」

 青梅市では世界連邦運動協会青梅支部との共催で、平成22年度平和事業として、大石芳野写真展「戦世(いくさよ)をこえて」を開催いたします。
 大石芳野氏は、東京都出身の写真家で、学生時代に訪れたベトナムで強い衝撃を受け、卒業と同時にフリーランスのドキュメンタリー写真家として、アジア、西アフリカ、ヨーロッパなどに単身で取材を行っています。戦争や紛争といった極限状況を経験した人々のその後の姿を写真に収め、惨状を世界に伝えています。
 この写真展では、大石芳野氏の作品を約70点展示します。作品は、ヒロシマや沖縄、紛争地のものと多岐にわたっています。
 この写真展を通じ、今ある日本の平和の尊さや命の大切さを感じていただきたいと企画いたしました。
 入場無料です。みなさまの御来場をお待ちしています。

日時

平成23年1月4日(火曜日)~1月13日(木曜日)※11日(火曜日)は休館
午前9時~午後5時(最終日は午後3時まで)

会場

青梅市立美術館 1階市民ギャラリー
(JR青梅線青梅駅下車徒歩5分)
入場無料

大石芳野ギャラリートーク

平成23年1月8日(土曜日)には、大石芳野氏が会場に来場し、午後3時からギャラリートークを開催する予定です。
写真家本人が展示作品についてお話します。こちらもお楽しみください。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課