本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 平和事業 > 平成24年度青梅市平和事業 渡部陽一写真展「戦場からのメッセージ」

ここから本文です。

更新日:2013年10月23日

平成24年度青梅市平和事業 渡部陽一写真展「戦場からのメッセージ」

 

渡辺陽一撮影

劣化ウラン弾の犠牲となった娘の命を守り、最後まで感じていたい

母親たちの深い思いに触れた時、僕はシャッターを切っていた

 イラク・バクダッド/2003年6月

渡辺陽一氏

 

戦場カメラマン 渡部陽一氏

 

 

青梅市では世界連邦運動協会青梅支部との共催で、平成24年度平和事業として、渡部陽一写真展「戦場からのメッセージ」を開催いたします。

 

渡部陽一氏は学生時代から、世界の紛争地域を専門に取材を続け、戦争の悲劇、そこで暮らす人々の生きた声に耳を傾け、極限の状況に立たされる家族の絆を見据えています。単独取材ゆえの長期潜伏取材を得意とし、イラク戦争では、米軍従軍取材を経験しています。これまでの主な取材地は、イラク戦争のほか、ルワンダ内戦、コソボ紛争、チェチェン紛争など。今回の写真展では、戦地で撮影した写真約50点を展示するほか、渡部陽一氏からのビデオレターもございます。

入場無料です。みなさまの御来場をお待ちしています。

日時

平成24年12月5日(水曜日)~16日(日曜日) 10日(月曜日)は休館日

午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

会場

青梅市立美術館 1階市民ギャラリー

(JR青梅線青梅駅下車徒歩5分)

※土日は混雑が予想されます。美術館駐車場は限りがございますので、公共交通機関の御利用をお願いいたします。

入場無料

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課