本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 市の紹介 > 青梅市の市章・木・花・鳥

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

青梅市の市章・木・花・鳥

青梅市章

昭和26年10月1日に制定。「青」の文字を飛ぶ鳥に図案化し、梅のもようを配して、市の飛躍発展を象徴したものです。

sisyou

市の木 「すぎ」

直として天を突く姿は、厳しさとたくましさをたたえる。絶えることのないみどりは、人々に安らかな潤いをもたらす。市内山林の大半は、杉・檜が植えられており、青梅杉、青梅丸太として、古くから名高い。
(昭和51年11月1日市制施行25周記念制定)

市の木 すぎ

市の花 「うめ」

寒気をやぶって、早春いまだ残る雪を割るようにほころぶ梅の花。甘いふくよかな香りは、ひっそりと春の到来を告げる。白梅の楚々とした気高さ、紅梅のしっとりとした艶やかさ、ともに趣深いもの。
(昭和51年11月1日市制施行25周記念制定)

市の花 うめ

市の鳥 「うぐいす」

「春告鳥」ともよばれ「初音」とは春初めての鳴き声をいう。「梅に鶯」はめでたいものとされ、古来より歌題、画題に多く描かれる。また「鶯宿梅(おうしゅくばい)」なる故事もあり、常に庶民に親しまれてきました。
(昭和41年11月1日市制施行15周記念制定)

市の鳥 うぐいす

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課