本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 国際交流 > 友好のぶどう > 友好のぶどうの収穫量

ここから本文です。

更新日:2016年12月27日

友好のぶどうの収穫量

ヌ:ヌーボー ス:スパークリングワイン 甘:甘口 辛:辛口

収穫年度

収穫量

販売ボトル数

備考

36

平成28年 2,787kg 甘(720ml)2,512本

(収穫者)
自立センター利用者・家族、成木農業者振興会、ボランティア、職員等
合計101人

35

平成27年 1,738kg 甘(720ml)1,580本

(収穫者)
自立センター利用者・家族、成木農業者振興会、ボランティア、職員等
合計84人

34

平成26年 2,024kg 甘(720ml)1,860本

(収穫者)
自立センター利用者・家族、ボランティア、職員等
合計97人

33

平成25年 4,198kg

ヌ(720ml)1,237本
甘(720ml)2,529本

(収穫者)
自立センター利用者・家族、ボランティア、職員等
合計96人

32

平成24年

755kg

甘(500ml)800本

(収穫者)
自立センター利用者・家族、ボランティア、職員等
合計67人

31

平成23年

1,860kg

甘(720ml)1,200本

(収穫者)
自立センター利用者・家族31人
ボランティア2人
職員等26人
合計59人

30

平成22年

1,332kg

ヌ(720ml)360本
甘(720ml)200本
辛(720ml)100本

(収穫者)
自立センター利用者20人
家族44人
ボランティア2人
職員等23人
合計89人

29

平成21年 1,390kg 甘(720ml)960本
辛(720ml)640本
(収穫者)
自立センター利用者22人
家族41人
ボランティア7人
職員等19人
合計89人

28

平成20年 1,226kg

甘(720ml)1,404本
甘(360ml)1,250本
辛(720ml)1,200本
辛(360ml)1,150本

(収穫者)
自立センター利用者27人
家族43人
ボランティア2人
職員等26人
合計98人

27

平成19年

5,926kg

ヌ(720ml)864本
ヌ(360ml)396本
ス372本
甘(720ml)804本
甘(360ml)372本
辛(720ml)624本
辛(360ml)324本

(収穫者)
自立センター利用者47人
家族52人
ボランティア2人
職員等34人
合計135人

ボトルのラベルデザインを一新しました。
360mlサイズの販売を開始しました。

26

平成18年

297kg

ス1,004本
甘1,104本
辛840本

(収穫者)
自立センター利用者37人
職員・ボランティア26人
合計63人

天候不順によりぶどうの木が病気になり、収穫量が減少。

25

平成17年

6,026kg

ヌ1,500本
ス1,600本
甘1,332本
辛1,020本

(収穫者)
自立センター利用者38人
家族55人
ボランティア18人
職員等20人
合計131人

スパークリングワインの販売開始

24

平成16年

4,889kg

ヌ1,608本
甘1,500本
辛1,200本

(収穫者)
自立センター利用者50人
家族70人
ボランティア17人
職員等35人
合計172人

23

平成15年

3,576kg

ヌ1,428本
甘1,222本
辛1,150本

(収穫者)
自立センター利用者50人
家族65人
ボランティア15人
職員等20人
合計150人

22

平成14年

5,603kg

ヌ1,200本
甘2,280本
辛1,416本

ヌーボーと辛口の販売開始

21

平成13年

1,523kg

3,500本

 

20

平成12年

3,204kg

4,300本

 

19

平成11年

3,460kg

4,500本

 

18

平成10年

840kg

1,500本

初の青梅産ワイン製造・販売名称を「おうめワインボッパルトの雫」に決定

17

平成9年

3,550kg

-

 

16

平成8年

2,620kg

-

 

15

平成7年

780kg

-

 

14

平成6年

1,200kg

-

 

13

平成5年

2,810kg

-

 

12

平成4年

780kg

-

 

11

平成3年

3,255kg

-

 

10

平成2年

3,515kg

-

 

9

平成元年

1,370kg

-

 

8

昭和63年

940kg

-

 

7

昭和62年

770kg

-

 

6

昭和61年

268kg

-

 

5

昭和60年

270kg

-

 

4

昭和59年

10kg

-

1月から4月までの間、近年にない大寒波の日が多い年だった。

3

昭和58年

50kg

-

 

2

昭和57年

50kg

-

 

1

昭和56年

10kg

-

 

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課