本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > ご意見 > 市民と市長との懇談会 > 平成17年度市民と市長との懇談会 > 梅郷市民センター(梅郷地区)

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

梅郷市民センター(梅郷地区)

平成17年10月18日(火曜日)実施

主なご意見(要旨)

市長の発言(要旨)

梅の里交流事業計画の中で、道の駅の検討を。愛宕神社の花の公園への支援を

梅の里交流事業では広い観点から、この地域の活性化、振興を図るために検討していますが、道の駅は、別に以前から検討してきて、うまくいきませんでした。現在、柚木の釣堀跡地について検討しています。駐車スペース、交通の流れ、地域の協力体制と、柚木は条件を満たしていると考えますが、スペースが少し小さく、年間を通じた観光を考える必要があります。駐車場、トイレ、情報連絡の場がそろっていることが地域観光として必要。

梅郷地区に良い観光スポットを

梅を中心とした梅郷地区の観光になりますが、それだけでなく、年間を通じて多くの人が訪れる魅力のある街づくりをしていきたい。1度行って終わりではなく、健康志向で年間を通じて繰り返し来てもらえる整備が大切だと思います。そういった地域づくりには、地域の方の取組みが大切だと考えます。国、都、JR、市、地域全体としての取組みが必要です。

青梅市国際理解講座の中で、市長に講演をしていただきたい、また、講座のPRを。

子供の時から視野を世界に持つのは大切なことです。子供のころから講座のような取組みをしていくことは大切です。国際的に理解するには、日本のこと、青梅のことを理解していなければうまく交流が進まないということで、講座では、そういった面も勉強されているときいています。機会があれば、私もお話をさせていただきたい。ボッパルトを始め、日中友好協会や民間の塾等でも国際交流が行われています。外国との交流について、市としてもより取組みを進めていけたらと考えています。

青梅マラソンを文化財と併せてもっとPRすべき。青梅の商店街は統一した特色ある街並みとして開発を。

青梅マラソンは今回40回を迎え、2万人規模で実施します。ボストンは109回実施しており、それに負けないようにしていきたい。アドマチック天国はあちらから来てくれて、良いPRができました。黙っていても、向こで応援してくれるような整備をしていく必要があります。青梅駅もレトロや赤塚記念館等を進める中で景観をよくする条例の整備も行いました。強制は難しく、地域で協力していただきたい。ビューポイントがあれば、おのずからPRしてくれるのではないかと思います。青梅にも国宝が2つもあり、その他にも文化財もたくさんあります。文化財だけでなく観光と組み合わせてのPRの余地があると考えます。

梅郷地区の宅地開発に関して市道の拡幅と信号機の改善を

コニカパッケージの宅造について、信号は公安委員会へ相談して対応していただくようにしてもらいます。

凱旋橋、千ヶ瀬バイパスなど、都道や国道の整備の見通しについて

都道の整備について、凱旋橋や万年橋の整備の促進を都にお願いしていきたい。二俣尾の三角山の所は、橋のタイプも地元に説明し、概略の設計もできていて、平溝の橋の目途がついてから整備にかかる予定。千ヶ瀬バイパスは、いつまでとははっきりと言えませんが、昭和52年から30年も動いていなかったので、できるだけ早くつながるように努力していきたい。

学校教育の中で警察とタイアップしてセーフティ教室の実施を

安全・安心の学校作りを重要な問題として取組みを進めています。学校、家庭、また地域を含めて子供たちの安全を守っていただきたい。防犯パトロールを、PTA、ボランティアの協力をいただいて行っています。防犯ブザーを配布しています。今年度から、「青梅子供110番の家」をスタートさせました。セイフティ教室は各学校で警察にお願いし、子供たち、保護者の方に指導をしていただいています。教員に対しても、不審者への対応として、具体的な取組みを指導をしていただいています。全ての学校で実施するように教育委員会から学校長へ指導しています。

市有地を児童公園として活用してほしい

市有地のあいているところの多くは、運動公園としています。

和田町2丁目市営住宅跡地を公園に

全体のバランスを考え、どのように利用するのがいいのか検討していきます。

稲荷神社の隣の2階建てコンクリートについて

美観を損ねていると思います。民のことなので、市でどこまでできるか分かりませんが、働きかけをしていきたい。

教育センターのパソコンOSを2000に、また、画像処理ソフトの導入など市民のニーズにあわせて整備を。

まもなく更新する予定。高齢者、障害者の方には時間をかけてゆっくりということで、台数を増やしてほしいとのことですが、教育センターと沢井のパソコン教室について、活用を検討していきたい。デジカメの画像処理のソフトの件は、勉強させていただきたい。

前山の杉林を落葉樹へ植え替えを

環境局では、市全体で200ヘクタールを間伐する予定です。また、杉花粉対策として広葉樹化する計画があり、市としても積極的に参加していきたい。健康や観光にも影響してくるので、杉ヒノキ対策は重要な課題だと考えています。民有林が多いので、所有者に良く説明をし、理解をいただいて進めていきたい。

国民健康保険税や介護保険料と固定資産税の関係について

国民健康保険税の資産割については、他からも同様の意見があります。税が減るのは私どもとしてはつらいが、全体のバランスの中で検討していきたい。

柚木町に道の駅の導入を推進しているが、杉並寮を市で購入し、観光資源に

釣堀跡地は1000坪あるが、大型バスも止められる駐車場や物産店、情報伝達の施設、トイレ等の設置を考えると少し狭いと思います。杉並寮が500坪あるので一体化すると使い勝手がいい。一体的に活用を考えていますが、地元や議会等と相談していきたい。

防災チャイムの変更の理由

今までは3回鳴らしていましたが、賛否両論あり、チャイムの近くで子供が目を覚ますなど苦情の方が多かった。検討した結果、5時の1回に統一しました。

市債はどれくらいあるか

617億ほどあり、下水の借金が286億、病院が112億あります。これ以上増えないように、予算時に努力しています。下水道等の特殊なものを除いた一般会計だけでみると青梅市は成績がいい。これからも借金は増やさず、減らす方向で努力していきます。青梅市では下水のない地区がまだあるので、その整備もしなくてはいけないと考えています。貯金は大きな貯金があるように見えますが、庁舎の117億であり、庁舎をつくればなくなってしまうものです。基金と借金を差し引きすると400億ちょっとです。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課