本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > ご意見 > 市民と市長との懇談会 > 平成17年度市民と市長との懇談会 > 今井市民センター(今井地区)

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

今井市民センター(今井地区)

平成17年11月1日(火曜日)実施

主なご意見(要旨)

市長の発言(要旨)

霞川調整池の上部を利用して公園に、また、そこに障害者用のトイレの設置を

本年、管理施設の整備を行う予定です。蓋かけ上部に地元からの要望で公園施設を設置します。公園は健康増進につながります、また、消防用スペース確保の要望もあります。

官公庁からの印刷物の配布を、毎月1日・15日に合わせていただけないか

自治会に負担がかかっていることは認識しています。すでに各官公庁には依頼してありますが、更に周知を促すように担当に伝えます。

道場橋の架け替えの際に橋や周辺道路の拡幅を、また、川北からの道を増やしてほしい

下天神橋は未完成ですが、架け替えの際に道場橋と上流の橋の3橋を架け替えます。都と協議し、拡幅するよう進めています。下天神橋からの道路については、改修は、交通に支障のないように取り組みたい。調整池周辺の学校わき道はなるべく早く整備できるようにします。用地の件では御協力いただきたい。

暗く変質者の出る公園に警報機やビデオの設置を

変質者については、安全パトロールを実施していただいています。第6支会では地区を3つに分けて地域で行っています。パトロールとビデオでは、どちらで対応するか、ビデオでは夜間は難しいと考えられます。地元や警察に協力いただき、安心・安全を検討する市の組織で取り上げていきたい。

今井小に扇風機の設置を

エアコンは無理ですが、扇風機は冬においても効果が期待できます。現在取組み中です。

今井小付近の歩道の改修を

歩道については、狭くデコボコになっています。都道ですので、西多摩建設事務所にお願いしていきます。

市税免除の特典をつけるなど、消防団員募集のPRを

消防団は678人の団員数です。御岳山のように特例な地域もありますが、改選には苦労しています。歳末警戒等、地域の防犯にもなりPRにもなります。定数の確保を目指したい。特典については難しいが、気持ち良くやってもらえるよう努力したい。

市民バスの運行を

調査を行いましたが、全てが赤字であり、都バス・多摩バスに1億4千万円の補助を行っています。西武バスや成木の通学用バス等、今ある路線の充実を図っていきたい。

市民センター体育館を個人でも利用できるように

パソコンで予約するシステムで、空きがあれば予約できます。しかし、利用率が高い。

市民センターは地域団体が優先的に予約できるように

地域団体の優先予約については、社会教育部内で検討したい。

自治会館の補修要望に対し早急に対応を

危険性があれば、優先的に検討します。

地域の防災組織を周知するため、地域性を考慮した防災マップが必要では

大雨について多摩川流域は大きな被害はなく、市では大被害を受ける可能性は低いと考えます。大門流域一部で浸水の心配はありますが、整備を行いました。50・100年に一度の大雨に対応するための整備は行っていきたい。地震についても、大きな断層はなく大地震の心配は少ないが基準に沿って学校等耐震の設計をしていきたい。山間での孤立については、状況を把握し対応したい。沢筋の土砂災害については、都に要望を上げました。都の予想図に対応した形で、ハザードマップ的な防災マップを整備したい。

現在防災無線が聞きづらいが、災害時その利用はどうなるか

災害時は、防災無線と携帯電話を併用した対応を考えていきたい。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課