本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > ご意見 > 市民と市長との懇談会 > 平成18年度市民と市長との懇談会 > 今井市民センター(今井地区)

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

今井市民センター(今井地区)

平成18年10月30日(月曜日)実施

主なご意見

市長の発言

霞川調節池上部利用について、1年半前に計画はできていたのに、6月頃に環境委員会のデザインの先生から計画に対しての苦言が出ている。2年前に児童遊具を選んでくれといわれ、PTA、学校とも相談して検討してきた。しかし、今年になって健康遊具を選んでくれといわれた。3000平方メートルが野芝だが、管理を今井に委託してくれといわれた。その時には、芝刈機をお願いしたい。管理費は平方メートル×いくらで決まるらしい。将来的には身障者対応のトイレもできると思うが、トイレ掃除は大変である。

上部を広場として活用する計画をしています。今まで地元のみなさんの意見を聞いて取り組んできました。来年の分は、新たに計画を立てて、取り組んでいきたい。デザイン専門家の意見も、早い段階で調整できればよかったが、意見交換等をして、80%のところで折り合いとしていただきたい。景観を重視し、一方ではどう利用するかという観点もこれから調整に組入れたい。高齢期を迎えて、介護予防の取組みとして、健康につながる遊具のある新しい公園を提案したい。まだ、間に合うので、十分に協議していきたい。どういう形で管理するか、面積も広いし、梅郷は地域に管理をお願いしていますが、最初から地元にお願いするような約束で計画作りをしてきました。せん定や、野芝を短いうちに刈ったほうがいいとか、地元のみなさんに管理していただくには、芝刈機の対応も考えたい。

2011年にデジタル放送が始まると、今まで、アンテナなしでただで見られたものが、東京電力の話では、各自でアンテナを立てないいと放送を見られなくなってしまう。TCNも有効だが有料である。共同アンテナを撤退しないで、市の工夫で継続できないか。

東京電力とTCNで電波障害解消について協議を行い、東京電力の負担で放送を受信していたが、地上デジタル放送になれば、電波障害はなくなります。TCNは独自で回線を太くすることになりました。TCNに入らないと自分でアンテナを立てることになります。

TCNは民間である。今までは無料だったから、これからも無料で見られるように、共同アンテナを活用して検討できないか。

TCNに委託して1~12チャンネルの回線を引いて管理しています。衛星とか他のチャンネルもという希望があれば、東電が線を太くすると、見られるようになります。非常に難しい問題です。

スポーツ振興について、5つの柱を具体的に進めると広報している。行政として、NPOを立ち上げるのを、どの程度支援していくのか。総合型スポーツクラブはどなっているのか。

総合型スポーツクラブについては、まだ十分に周知できていません。各地域にみなさんに周知し、19年度にはモデルクラブ設立準備委員を設置し、20年にはモデルクラブ運営委員会を設置し、会員を募集していきたい。現在担当の体育課でクラブのあり方等検討中ですが、実態としては進んでいません。

いじめ問題について、デブとかちびとか、身体的な違いでいじめに合わないように、周りの人の違いを認められるような、環境づくりをしていただきたい。

身体的な特徴を口にすることが、いじめの要因になることもある。それは避けたいことであり、一人ひとり身体的なことは言わないよう指導している。教師についても、人権に十分配慮した指導をするよう指導している。

今井東部地域の活性化について

東部の活性化については、圏央道インターを中心に考えています。土地利用の変更は大きな課題と認識しています。都の物流の拠点として八王子と青梅が候補地になっていますが、物流の拠点としては小さい。また、八王子は公団の土地だが鷹がいたり自然環境保全が必要です。青梅は地権者が大勢いてまとめるのが課題です。民間企業が進出しやすいような条件整備が課題です。

2~4丁目の整備の動向について、曲がりくねった道が多く、道路整備をするのか。

霞川関連で橋の架け替えにかかる予定なので、道路整備もやってもらうよう要請していきたい。

農作されていない空き地になっている農地が荒廃しているがその対策をどのように考えるか。

空き農地は大きな課題です。高齢化し、農地が荒れています。私の考えですが、2007年に定年退職後の対策として市民農園のような形で提供し、活用できると考えます。また、今の子どもは食物について知識が少ないので、食育の面で農業の大切さを伝える等して、耕す人のいなくなった農地を活用していきたい。

いいグラウンドがないので、ソフトボールの練習ができない。音大のグラウンドの買収も視野に入れて検討してほしい。

区部に比べるとグラウンドに恵まれています。国立音大の土地が借りられなくなり、現在、売りにでています。調節池上部等ソフトボールも可能にという地元の意向をできるだけ確保していきたい。買うのは困難だが、借りる方向で確保していきたい。

住民票の自動交付機を今井市民センターに入れてほしい。本庁舎へ行くには、今井からだと遠い。

以前からの課題であり、このセンターを建てる時に、スペースを確保してありました。電算化への課題がありましたが、だいぶ整備ができ、自動交付機ではなく、パソコンを使ったかたちで、交付できるように、住民票と印鑑登録証明書を交付できるように対応していきます。

都道青梅豊岡線の歩道が整備されたが、市道の切り下げが車道との段差が大きく、幅が狭くて、大回りしないと縁石にぶつかってしまう。

都へ伝えますが、おそらく歩道が狭いのではないだろうか。基準の幅は決まっているし、角切を大きくすれば曲がりやすくなると思います。都の方も色々と工夫した結果だと思います。

奈良県の職員が病欠で長期にわたり来ていないのに給料が支払われていた。青梅は大丈夫か。

青梅市にはいないので、大丈夫です。

道路の「通学路」「とまれ」の表示が消えかかっているところがある。警察で「とまれ」はすぐにやってくれたが、「通学路」について市にお願いしたい。

路面表示については、順次調べて整備しています。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課