本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > ご意見 > 市民と市長との懇談会 > 平成19年度市民と市長との懇談会 > 青梅市民センター(青梅地区)

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

青梅市民センター(青梅地区)

平成19年7月18日(水曜日)実施

発言内容

市長答弁
(その後の進捗状況等により、一部内容を修正しています)

予算の枠配分方式はいつから始めたのか知りたい。どの程度効果があったのか、このまま継続していくのかも教えてほしい。

枠配分方式は、一般財源の各部課で持っている予算の5%カットをお願いしていて、4年、経っています。協力してもらい効果は出ていると思いますが、税収入の減少などにより枠配分を続けることは厳しく、これからは事業そのものを見直さないと難しいと感じています。

容器プラスチックの回収を有料袋で行っていますが、無料のものに出来なかったのですか。「どうせお金がかかるなら」と資源化にブレーキをかけていないか心配です。

容器包装プラスチックは、有価物として引取ってもらうのではなく、処理に費用がかかるので有料袋でお願いしています。環境のためには、分けて資源化することがいいという判断のもとで、分けて出していただくようにしました。今は不燃ごみと同じデザインの袋でお願いしていますが、平成20年の春までには袋を区別してお願いしようと考えています。

千ヶ瀬バイパス3・4・4号線について、代替地となる空き地が問題になっています。代替地が天ヶ瀬グランドになると思っていたら、2箇所の空き地になりました。長い間、廃品回収や盆踊りなど地域行事で使ってきた空き地がなくなると困ります。天ヶ瀬グランドは申請して許可が無いと使えないので、地元に残してもらっても役に立ちません。せめて自由に使える広場を用意してほしい。

千ヶ瀬バイパスの延伸は、大柳町まで出来てから30年経ってしまいました。事業をするのは東京都ですが、青梅市も間に入って地元の要望を聞きながらうまく収まるようにしてきたつもりです。代替地についてもアンケート調査や希望を聞いて進めてきました。検討した結果、まとめた形でグランドを残すことになりました。グランドはみなさんに使っていただけるまとまった空間ですので、残ってよかったと思っています。廃品回収や地元のお祭りも、グランドを使っていただければいいと思います。防災訓練などでも利用する広い広場ですし、多目的な広場として残せて良かったと思います。代替地の区画にどう入るかはそれぞれを配慮して進めているように理解していますが、意見の行き違いがあるように感じます。

代替地となる天ヶ瀬のグランドは広すぎます。小規模な催しには今まで使っていた場所が利用しやすい。また、売店等も制限がかかって出来なくなってしまいます。だから、自由に使用できるところがほしい。グランドを残すことはいいことだが、何年か先に市の財政の関係で売り払われたら、事情で立ち退いた人は生涯後悔すると思います。また、道路が出来て緑がなくなったら環境が悪くなる。憩いの広場を作って、そこに木を植えてほしい。

天ヶ瀬はもちろん、大柳、上町、裏宿などもまとまった広場がありません。ですから、天ヶ瀬グランドが広場として残せてよかったと、私は思っています。利用のときに事務手続きを踏んでいただかないと混乱を起こすので、最低限の手続きを踏んで、地域の人みんなが使ってほしいと思います。出来るだけ集約して広いグランドを残すほうが全体にとって良いと思います。共通で使える非常に重要な場所ですから、市でグランドを売ってしまうということはありませんし、そうしないよう地元でもしっかり反対していただきたいと思います。地元の皆さんとよく協議して進めてきていると思っていますから、また担当ともよく意見交換して、よく理解しあえるように話し合いをさせてもらえばと思います。

また、延伸する千ヶ瀬バイパスは歩道が広くなるので緑樹帯を作ります。また、電柱を地中化すると言っているので、全体として緑は増えると思います。

裏宿から日向和田にかけて、電線の埋設はいつごろ出来上がるのですか。市営住宅のまわりを電柱・電線が取り巻いていて、はしご車が入って来られないし、はしごが伸びません。火災のときに非常に危険なので知りたい。

また、表の通りから市営住宅につながる道で、道路に家が飛び出していて、非常の際に障害をもたらすと思います。また、青梅線北側の住民が災害に対して不安を訴えているので、北側の道路の建設を要望します。

電線の地中化は、最近狭い歩道でも出来るようになってきたそうで、西建の話では旧青梅街道も地中化していくために研究しているようです。道路にもランクがあり、交通量の多いところや歴史的風景の観光地などは行うようですが、全部を地下にというのは難しい状況です。防災面ではしご車がが入ってこられないのは、幅員の問題もあり、電線の地中化よりもまず、順序だてて、計画通りの幅員を確保できるよう努力していきたいと思います。

歩道には電柱が無いほうがいいと思う。今は弱者には危険な歩道なので、車椅子でも通れる段差の少ない歩道に早急にしてください。

森下から裏宿にかけての都道は西建に要望していきたいと思います。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課