本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > ご意見 > 市民と市長との懇談会 > 平成24年度市民と市長との懇談会開催結果 > 会場でのアンケート

ここから本文です。

更新日:2012年12月19日

会場でのアンケート

懇談会において、みなさんにアンケート用紙をお配りしました。ここでは、頂いた御意見・御感想の一部をお知らせいたします。

内容

開会にあたり司会者から携帯電話を切るかマナーモードにするよう話してほしい。
1人の発言時間が長い人がいたので要点を簡潔に述べるように注意してほしい。何が言いたいかわからない。

まちづくり基本方針の(4)、400m陸上競技場を含む総合運動施設の建設を希望します

1.青梅市の予算規模推移も知りたかったです。基本方針(7)の見込みは?
2.やはり行政は「売上げ」増の感覚が必要なのでは?(インカム!)
3.青梅の学力が低い→がっかりした。労を惜しまず学力向上に努めてもらいたい。→市外、他県からの流入も期待できる。
4.市が「市民に向けて」ではない他市、他県に向けての青梅市の「売り」は何ですか?(地震の揺れが少ない地域とか)
5.バーベキュー?登山のように登録制にしては?

土地利用方針素案のゾーン区分の地図に鉄道や主要道路が入っていると分かりやすい
河辺、小作地域の開発も重要でしょうが、青梅駅周辺の再開発にもなお一層力を入れてほしいと思います。人が集まるような建物設備や、イベント等、考えていただくか、今行われている大祭、青梅宿等のイベントにも、助成、協力をしていただければありがたいと思います。
青梅市民が集まる青梅に、女性がもっと青梅に、女性が少ないのでビックリしました。もっと女性が出て来られるような議会にしてください。広報では保育さんがいるようなこと書いてありました。子ども連れのお母様ももっと出られるように。地震のことでお母様たちは心配してると思いますよ。男性ばかりではなく女性の力も必要でしょうと思いました。2名だけです。

鉄道について、子育て現役世代が通勤に利用するには、不便な面が多く特に青梅の中でも河辺より西側が不便である。特に夕方~深夜の中央線列車と接続する青梅行きの数や車両数を増やしてほしい。東青梅―青梅間の複線化や青梅駅の2面4線化を進めてほしい。東青梅駅だけでなく青梅駅の整備を考えてほしい。
青梅駅の利用者を増やすべき。東青梅と河辺に公共投資が偏りすぎである。また青梅の森への投資についても税収を増やすことにはならず経済効果も薄いため費用ばかりが出て行っているとしか思えない。青梅駅周辺で公共施設建設や宅地開発をすべき。
山手線ターミナル駅等と都心から40km圏の地域と競合している。高尾、飯能は駅から山が近いといった青梅と似たような環境にもかかわらず青梅より発達しているのではないか。支線という観点にたっても、小田急多摩線や京王相模原線などと比べても周辺環境など劣る部分が多い。北多摩や南多摩とも格差をつけられている現状をどうにかしないと公共交通利用者が増えずに利用促進すらできないのではないか。
多摩都市モノレールについて、計画関係の文書から西武線延伸が消えて多摩都市モノレールのみとなったが、箱根ヶ崎から先が用地買収が進んでいないようである(日経BP社)。新青梅街道。青梅街道沿いに延伸するのであれば、多摩都市モノレールでなくても、西武拝島線の玉川上水からイオンモール武蔵村山直結駅を経て、新青梅街道・青梅街道に沿う形で、箱根ヶ崎、青梅方面へ延伸するのでもいいはずだ(イオンレイクタウンやイオン千葉ニュータウンなどの駅直結例から)。
駐輪場について東青梅の駐輪場を立体化させて有料化するとのことだが、青空駐輪場にして無料のままの方がいいのではないか。有料にしては管理費の方がかかるのではないか。(オランダなど自転車の利用が盛んな国では有料のものもあるが、駅に隣接する駐輪場の主流は無料だそうだ)(一部省略しております)

昨日の市長さんとの懇談会に簡単な質問をさせていただきました。広報おうめの(8)都市基盤が整う魅力ある町の鉄道駅、周辺の商業、業務、居住等をお聞きしたいと思っています。仮に私たちの住む勝沼であれば東青梅駅又は青梅であれば青梅駅の再開発のことなどの話はされましたが、市の財政がなかなか大変との話もありました。地域別将来人口の資料がありましたが、平成29年、34年と動向が予想されている右肩下がり、また新町地区等は右肩上がりと予想がされています。古くからの住人は、住宅を持ち土地を持っている人々も多く、都市計画税もその分長く納税しているはずです。色々な意味で税金は使用されるのでしょうが、私たちの地区にもより多くの税金を様々な形で投入してもらえればと思っています。今私には策はありませんが、資料の示す右肩上がりの策の検討をお願い申し上げます。
多摩川競艇はやめるべき。子どもの教育上、汗をかいて金を得ると教えるべき。
充実した内容の会議だったと思います。進行もよかったと思います。
検討依頼事項「多摩川保全ゾーン」で清流化の推進が提示されていますが、清流とともに生物が住める環境を配慮していただきたい。子どもたちの遊び場として、また自然教育の場として、活用できるようにしていただきたい。
青梅市の森林活用をお願いします。木材利用や雇用に結び付けてほしい。
初めて参加しました。第6次青梅市総合長期計画の説明を受け、市行政の動向がよくわかりました。地域の課題については、御検討をよろしくお願いします。
青梅市の顔である、青梅市内の商店街の活性化について。
本日の懇談会については、地域のいろいろな問題に対し、御審議及び、前向きな市長の答弁を頂き大変ありがとうございました。尚、議事案件については適切な時間の割り振りではないかと思います。市の関係部署の部長および職員の皆様大変ご苦労様でした。
市5階に行きました。澤向こうの市営住宅の方が住宅の公園で草取りをしているが、一週間もすると雑草の山である。除草剤を使用してきれいにし、楽をしたい、自治会で購入できるか?とのこと。自治会は経済的に苦しいので、市の関係者に話してみる旨伝えた。市5階にて回答は、住宅に居住するには草取りと自治会に加入することが条件です。とのこと。(自治会に加入するとの回答の)ご協力うれしく思いました。なお、公園に薬は散布できない旨話がありました。要望者は納得しました。前、広報おうめにて、自治会長の氏名等を記載していただき、誠にありがとうございました。この件は「ひととひとのこころのふれあいがあるまち」の活動の基本であると確信しました。
各地区ごとに市民の意見を聞くことは大変良いことであり、市長をはじめ、スタッフの皆さんに対し感謝したいと思います。
ありがとうございました。
成木だけではなく、沢井、梅郷等は、高齢者の方々にとり買い物等が困っている方々が多いように思われます(病院も)コミュニティーバスや、以前、スーパーの車が回ってきてくれることもありましたが、赤字?のためか無くなってしまいました。それらに対する支援なども考えていってほしいと思います(高齢化について)また、今後も増える高齢者を支えていってくれるのかこれからの子どもたちなので、学力ももちろんですが、人として育っていっていけるよう、スクールカウンセラーや乳幼児の子育て支援として、母子保健師さんの増員や、心理相談員の増員なども検討していってほしいと思います。
ごくろう様でした。
懇談会には毎年出席していませんが、今日は発言の人の意見も聞けてよかったです。資料は多めに用意してください。
本日は色々と勉強になりました。発言者に返答の為のメモを取っておられましたが、非常に良いことと感心しました。本日はありがとうございました。
河辺下通りにミニバス開通の件。一昨年市のほうから青梅斎場行きと河辺下通りのミニバスの交通の計画の発表があり、昨年地域の説明会を催されました。河辺下の住民はある程度期待しておりました。河辺下には買い物のできる(日用品、食料等)店が1件しかありません。高齢者が多い地域で、。買い物に行くたびにきつい坂を上るか、車を使用するしかありません。できるだけ開通する方向で検討ください。この件に関する情報は、警察の許可が下りないため、保留というだけで、その後の報告は何もないので不安に思ってます。
本年度より国民健康保険に加入しましたが、保険証がちょっとと思いました。大切な保険証ですので、プラスチックかラミネートにてカバーするかを検討ください。
時間が短い。・高齢化社会への対応を計画していただきたい。・農業振興策について。・個人商店などの振興策を・高齢者の生きがいを(地域の児童との交流ができないか)・地域の住人のモラルアップ・なんでも税金を使うのではない
いろいろな意見が出て、大変来て良かったと思いました。竹内市長さんもよく説明され大変好感が持てました。青梅の発展のために多くの市民の方がいろいろ考えておられることがわかり、手と手をつないで青梅の有り方をみんなで考え合えそうだと希望を持てました。毎年このような場を持っていただき、輪を大きくできたらい~な~と思います。市長さん、青梅市民のためにこれからもがんばってください。よろしくお願いします。
千ヶ瀬バイパスと成木街道がつながるということは全く地元では知らされていません。地元が一番影響を受けるわけですから、説明会をやっていただきたいと思います。
市長からこの献立をみてどう思うか聞きたかったですが、教育長に変わってしまい、なんだかあいまいな気持ちです。食に対してきちんと向き合ってくれないなと感じました。本当にこれから子育てをするにあたって青梅市に住み続けていいのか疑問に感じました。青梅市の人口を増やすためには、子どもたちが安全に暮らせるために、こっちのほうにお金を使ってください。そのほうがこれ以上減ることが防げる気がします。ほかの方の意見も聞けていろいろ問題があるのだなど思いました。参加できてよかったです。
市長の答弁が丁寧すぎます。(質疑応答の中身が薄まってしまう)・基本構想素案の説明が詳細のため時間が不足・質問内容が非常にばらつきがあります(市長以外で、教育長、部長等との懇談会もよいのでは)
基本理念「(3)安全・安心な暮らしが物質的・精神的に保障されるまち」に(放射性物質を除く)と追記されたほうがいいと思います。今の市と市長の姿勢にそぐわない。

安心安全について、今井2丁目の信号あり交差点について。青梅市内において、最も事故が発生し危険なところであります。付近の住民も、その事故に巻き込まれた人も多数います。カーブミラー等設置もされているが、効果、期待はない。不良道路の改善をしてほしい。
西武バスは利用者がいるのにもかかわらず、運行本数が減少している。河辺駅においては8時30分台で終バスとなり、通勤においては利用がほとんどできない。少しも快適でない。

参加している人はほとんど自治会役員であると思う。役員も市民であるが、一般的な市民の参加を促す方策が必要なのではないか?
市と共同していく市民の基となるものは、自治会組織だと思われる。加入率が50%を割っていることを重く受け止めなければならないと思う。どうすればいいのか分からないが、加入していてよかったという対策を考えるべきと思う。自治会加入者と未加入者とが対立するのではなく、そこに住む人が誰でも支えあえる雰囲気作りが必要と思いました。和やかな雰囲気で意見表明ができていて、よかったです。
安全についてお願いがあります。今井2丁目から茶畑通りに出る際、樹木が生い茂っており、見通しが悪く、事故の原因になっています。是非、樹木の手入れをして見通し良くしていただきたいと思います。
基本方針のすべてが、予算付けの上での市の業務となります。そのための予算収入とその分配方針の説明がほしかったと思います。・総合体育館の給水機が壊れているが、予算がなく修理してもらえないとの回答がありました。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課