本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > ご意見 > 市民と市長との懇談会 > 平成26年度市民と市長との懇談会開催結果 > 会場でのアンケート

ここから本文です。

更新日:2015年5月28日

会場でのアンケート

懇談会において、みなさんにアンケート用紙をお配りしました。ここでは、頂いたご意見・ご感想の一部をお知らせいたします。

内容

質問事項は事前に調査して、懇談会当日は、一人の質問者のために時間がかからないようにした方が良いのではないかと思います。
旧青梅市街の自転車の走行に関して、自転車専用レーンを設けるなど、もっと安全を確保して欲しいと思います。

各部長の席も前の方に設置したほうが顔が見えてよい。回答もして欲しい。
青梅市の上下水道インフラについて。耐用年数が経過している水道管などの交換の計画にどのように行っていくのか。今後人口減少を考慮すると、水道料金等値上げが必要となると思いますが、どのような値上げをしていく予定があるのでしょうか。
青梅駅前のマルフジ閉店で駅周辺の住民が買い物難民になるのではないか。市の現状認識と対応はどうなっているか。
動物同行避難には、地域の協力はもちろん、獣医師会の協力が不可欠だと思います。受付、保管、返還、一通りの流れを訓練に入れるべきだと思います。まずは多くの人に動物同行避難とはどういうものなのか知ってもらうことが大事だと思います。
業者の廃業に伴い、上町に資源回収のごみの収集場所を確保していただきたい。
市施設予約システムは24時間稼働として欲しい。
地域に根付いた方が多く、各地域の抱える問題を聞けて良かったです。いろいろな問題が出てとてもためになりました。危険個所が多い青梅ですが、特に根ヶ布2丁目は避難場所に避難するのがとても大変です。他に移動するのも大変な場所です。是非いろいろな対策を考えていただきたいと思います。
千ヶ瀬バイパスと成木街道がつながるということを以前より他地区の方から聞きましたが、地元の人にはほとんど知らされていません。今の交通状況よりずいぶん交通量が増えると思われます。例えばダンプは一方通行にするとか、何か対策は考えておられるのですか。
皆様のそれぞれの質問に対し、どれも明確な答えがなかったように思う。私自身まだ質問したいことがたくさんありました。質問というよりも要望いたします。
1、青梅市役所は1Fロビーがなぜあんなにも広いのか。建築費の無駄遣いにならないようにしていただきたい。
2、臨時福祉給付金と子育て世代臨時特例給付金このどちらも申請用紙が届き、どちらもいただけると思い手続きしました。その後、保険書のコピーが必要ということで市役所に足を運びました。数日後、両方は出せないということで手紙が届きました。無駄な時間をかけずに済むよう、調べてから連絡をいただきたい。
3、職員の対応がお客様相手なのに表情が悪すぎる。自分だったらどう思うかを考えて行動をとっていただきたい。
4、広報おうめは八王子のような方法で新聞を取っていなくても各住宅へ配布していただきたい。
5、青梅は税金が高すぎる。私は月1回の休みで働いており、働けば働いた分だけ税金が高い。そのため有効に使っていただきたい。
出席者方の質問も多岐にわたり、市の仕事の範囲が広いと感じた。事の大小にかかわらず、市長さんは丁寧に答えていた。
良い機会を作っていただきありがとうございます。センターを利用し要望を聞いていただいて、助かっております。
発言者はルールを守って欲しい。
初めの市長の話が長すぎる。時間がもったいない。質問に対しての市長の話がだらだらしすぎ。要点をまとめて簡潔に願いたい。10分以上もダラダラ質問している人に対して、司会者はもう少し早く会の進行を促して欲しい。
市民の意見を市政に生かす、取り上げる難しさを感じます。長年課題となっているような意見もあるように思えます。25年度の意見で検討・要望すると答えたものについて、どのくらいできているのか不透明である。市民のガス抜き、市長の議会対策(市民の意見を聞いている)では困ります。早急に対応してください。歯切れの悪い応答がありました。
質問者の質問内容が分かりにくい。事前にメモを提出していただくなどポイントをはっきりさせていただけると良いと思います。市長は、大変丁寧で具体的な答弁をされていて、好感が持てました。市内のかなり細かいところまで知っておられることが分かって、改めて驚きました。
いろいろな意見を拝聴でき、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
市長との話し合いは、各地区ごとに実施しています。質問者についてはできれば当該地区の方々から始めて欲しい。他地区の人を排除しなくてよいので、進行について検討して欲しいと思いました。
市長さんの回答が長すぎる。
市長の回答に具体的な回答が無かった。
各地域の自治会役員等、役職上出席しているだけで、代表ではあるが、ありきたりの発言であるのではないでしょうか。市職員も市長の発言を出席者と共に聞いているだけでなぜ出席しているのか。内容等録音など行った方が良いのではないでしょうか。
多くの情報を知ることができた。防災無線から火災発生等の情報が流されるが、誤報が多いように思われる。
良い企画だと思います。テーマを絞って行う方法もありますが、その場で結論が出るようなことは無いと思いますので、これで良いと思います。何とか行政と市民、自治会が手を取り合ってよい青梅になることを望みます。
行政のいろいろな問題がわかった。市民会館の今後建て替える予定はあるのですか。
支会合同開催なので、他支会の話も聞けて良かったが、合同だと質問が多く時間が足りないので、別々に開いて欲しい。
市長の回答に対し意見を述べるような形の懇談会が良いのではないか。これではガス抜きのような形でしかない。HPの掲載の仕方を、質問、市長回答、質問事項の進捗状況等の3列程度を設け、一定の方向性、結論を掲載する等、考えてください。
御嶽駅のバリアフリー化については再度JRに対し検討するよう連絡願います。家庭用の防災無線の検討をお願いしたい。市のトイレは洋式トイレに改造願います。
トップの方が質問は1点でと説明していたのに、3点もあり、何も注意せずに返答をしていた。やはりルールはルールであり、進行上どうかと思いました。
市民から多数の意見が出て参考になりました。ただ、市長の回答は今一つ残念です。
この場での発言内容を職員にはどのように伝えるのか。住民の信頼を得るため「汗、知恵」を出して工夫しての仕事をお願いします。
市長の回答が長い。質問者は短くまとめてと上記にあるが、市長にも言いたい。2つの支会を合同で開催しているが、別々でやることを検討していただきたい。回答状況を聞く限り、質問内容に対して何一つ解決すると思えない。
防災に対して、自治会用の無線機が必要と考える。
多くの人が質問や意見を述べられるようにするには、1、質問者は質問を一件のみとする。2、市長の回答はもっと短くて良い。私としてはまだ質問項目がありましたが、遠慮しました。
青梅マラソン申し込みについて、市民に若干のメリットがあるよう配慮願いたい。申し込み方法も、インターネットが主体であり、機械に不慣れな人やその時間帯に都合の悪い人たちにも配慮をお願いします。
意見のある方は受付時に聞いておき、何度も手を上げさせない。
会場へ来る時、歩道の段差でつまずいた人がいました。明るくして段差をなくして欲しいです。女性の参加が少なくて残念。発言が自治会の代表者がほとんどというのはどうなのか疑問を感じた。普通の住民が参加しやすいようにできたらいいですね。
議会の政務調査費については、議会に市長も出席されているのですからそちらからお答えいただいても良かったのではと思います。
高齢化と人口減少の中でどのように地域創生と災害対策を構築していくか、ビジョンを示して欲しい。
懇談会での意見・質問がかなり出ましたが、除雪の件は対応が遅かったので、大雪での対策案は早めに対応できるようにしていただきたいです。自治会加入者が少ない地区の役員(環美、安協、防災)等は二人ではなく一人にするとか、少ない地区は無くし、多い地区で多めに出していただくなど考えて欲しいです。
事前に質問を聞いておくことも必要と思う。自治会連合会のスマイルカードの後押しをして欲しい。
成人式には芸能人を呼んだ方が良い。市役所市民課で自治会勧誘のチラシを配って欲しい。
事前に質問を提出し適切な回答ができるようにならないか。
1、駅、市役所、図書館でも公衆無線LANの設備導入を検討していただきたい。
2、多摩川沿いのサイクリング道路を整備を願いたい。
自治会加入促進や、市街化調整地区の問題は市として早急に取り組まなくてはならない問題と思われます。普段の工事入札をインターネット募集にして、市内業者が入札できなくなっている。なのに、災害時だけ協力しろというのは虫が良すぎるのではないか。
市は市民に何事もまる投げとの感想。自治会運営にも限界が来ている。
仕事があってこそ人は青梅にとどまると思います。そのためには企業誘致だと思います。市民と市長との懇談会の結果については、市ホームページに掲載すると良いと思います。
発言に名前を強要しないでください。
今回初めて参加して市長の意見が参考になりました。
一問一答は良いのですが、発言者が意見を述べて、市長さんが回答をした後に、質問者が回答に納得したかの確認がなされず、次の方を指名されていたように感じました。一問一答が守られず2つの質問がなされた時があった。道路の補修が必要な所は、市役所から東青梅駅と勝沼町信号から青梅駅前までの区間です。
市長の回答について、全体的に現状説明が多い。今後の対応対策についてが欲しい。各部署の長も参加しているので話も聞きたい。
懇談会の趣旨と異なる発言をきちんと整理、進行をお願いしたい。事前に趣旨を司会からアナウンスしてもらいたい。市長の回答も意味がわからない部分があった。
大変参考になりました。これからも続けてもらいたいと思います。
とてもすばらしいイベントであると思います。市長さんのお答えも誠実な対応で身近に感じました。ありがとうございました。
一人一問という事前説明にもかかわらず、複数の質問をする人が多く、主旨が徹底されてなかった。
いろいろな意見があり、市運営の難しさを感じました。市長が変わってもこの会を続けられるようお願いしたい。
ごくろうさまでした。
今回は市長の話が少なかったので良かった。
とても有意義な時間でした。ありがとうございました。
いろいろな人、いろいろな意見があり、懇談会の運営は難しいと思います。良い意見は取り入れるとし、ガス抜きで良いのではと思います。
質問に対する市長の答弁が長すぎる。ここで出された質問や意見がその後の市政に反映されているどうかはなはだ不明である。もし今後の市政に生かされているものがあったら、次の集会で紹介して欲しいものだ。形だけの懇談会ではなく、身のある懇談会にして欲しい。
合併浄化槽で処理される水は農業用水に流れるが、窒素は抜けてるかの質問での回答がなされなかった。
市長と市職員の説明が同じくらいの回答と思いました。
短い時間に多くの方の意見、質問ができ、司会進行が良かった。広範の意見が聞け、住民の総意が出たのかと思われます。他支会の方の意見も参考になり良かった。
中学生の声を聞く会、女性の声を聞く会の検討をお願いします。
貴重な時間を設けていただき感謝します。
人によってマイクの使い方が違い、聞き取りやすい人と、悪い人がいる。高齢で耳が遠くなっている人には苦労する。
2地区を年ごと交換する懇談会は、一方的に偏らず、地域性もあり、意見も聞いていて良かった。
市長などから分かりやすく、丁寧に説明をいただきました。
あいさつ後、すぐに意見徴収ではなく、市(行政)からの話題提供もあった方が良いのでは。開会時間を、もう少し遅い時間、(例20時00分~21時30分)に検討をお願いします。
多くの意見が出て良かったと思う。
真摯な御検討、御発言ありがとうございます。お疲れ様です。
皆さんいろいろ市について考えているのだなと感心しました。こういった集まりに来たのは初めてでしたが、勉強になりました。
今回初めて参加しましたが、市長が出向いて市民の生の声を聞く機会があるのは素晴らしいと思う。これからも継続してもらいたい。ありがとうございました。
スムースな進行だったと思う。
予算についての考え方がいまいちわからない。使うのは予算がある無しではなく、必要か不必要化を徹底していただきたい。図書館の月曜一斉の休みについては至急検討いただきたい。
災害時要支援者制度は今どのようになっているのか。
一般の市民の方の出席が少なかった。もっと広報や声かけで出席者を増やす努力をすべき。市の職員の席をもっと考えてもらいたい。
やはり合同開催ではなく、支会ごとに懇談会が行われた方が良いと思います。市長、副市長、教育長さんたちにはもう少しにこやかでいていただきたい。質問しにくいです。質問しやすい雰囲気を作ってください。お願いします。市長さんの受け答えはとても温かいものを感じます。これからも市民のために頑張っていただきたいと思います。こういう会は青梅市民という自覚が強く芽生えます。とてもいいことだと思います。市長との触れ合いは楽しかったです。ありがとうございました。
質問に対して、市長さんが回答していますが、その回答についての意見や確認をする時間が無いので、その時間を設けていってほしい。
懇談会をスムーズに進めるために、事前に質問事項について、支会で検討する必要があるのではないかと思う。
会の進行に対してですが、一問一答形式で進行ということで始まりましたが、実際には1人の方が1度に何問か質問するということが見受けられました。多くの人からの質問を受けるには、一問一答を徹底してもらった方が良いと思います。
事前に質問事項を収集して、市側としてある程度の回答を用意しておいた方が良いのでは。市長がその場で回答できないものも多くあり、「検討する」という回答が多くなる。検討するという回答が多いのでこれらに対しては何らかの形で検討結果を回答して欲しい。
市長さんも大変忙しい状況と思いますが、できるだけ懇談会を増やしてもらいたい。年間計画とは言いませんが、各市民センターに開催していただければ、いろいろ情報を聞かせてもらえると思います。なお、市長さんの健康管理も考えてあげてください。なにしろ青梅の顔ですから、考慮も大切と思います。
市長を始め、市の幹部出席の下、市民の声を直接聞くこのような取り組みは大変有意義なものと思います。全ての質問について、市長が一生懸命答えている姿に感銘しました。市職員で自治会未加入の人(世帯)がいますので、加入する旨指導願いたい。
各自治会長さんの熱心な質問をお聞きできたことで参考になりました。ありがとうございました。
質問者は質問を1つないし2つにしてもらい、より多くの人が質問できるようにしていただきたい。
自治会加入率の問題は非常に難しいと思います。自治会長は1期2年では多忙のため推進はできないでしょう。二世帯住宅は戸籍上は二世帯だが、自治会は父親から息子へ移され、加入は1世帯となる。集合住宅について、六本木ヒルズを見に行ったが、お寺さんからビル管理会社に至るまで800世帯全員が加入しているとのこと。加入者がそろった理由としては、防災、防火等に対応する共通認識を持てたからとのことでした。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課