本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 国際交流 > 市民交流事業 > 第45回青梅マラソンでの市民交流

ここから本文です。

更新日:2012年2月29日

第45回青梅マラソンでの市民交流

 ゲハルト・ビルンシュトックさんを団長とするボッパルト市民選手団(男性3人、女性2人)が、第45回青梅マラソンに参加するため、平成23年2月17日から平成23年2月26日まで来青しました。
 今回の訪問の最大の目玉は、「青梅マラソン大会とミッテルラインマラソン大会 相互交流に関する提携書」の調印です。

青梅マラソン大会とミッテルラインマラソン大会 相互交流に関する提携書調印式

 平成23年2月18日、青梅市役所にて調印式が行われました。
 ミッテルラインマラソン大会からローター・ヒルシュ長距離部門長、青梅市長、根岸春夫青梅市陸上競技協会会長の三者により、調印されました。今回の提携では、相互のマラソン大会の参加枠の確保およびスタート位置を招待選手に準じることが約束され、今後5年ごとに更新を行うこととしています。

マラソン提携書

マラソン調印式

 

※ミッテルラインマラソンとは…
 2002年にライン渓谷中流上部がユネスコから世界遺産の称号を得たことをきっかけに設立されたミッテルライン・マラソン協会が主宰する、ライン川中流のオーバーヴェーゼルからコブレンツまでのライン川沿いの道をコースとするマラソン大会。青梅市からも市民ランナーが、2007年の第3回大会から参加しています。(ミッテルラインマラソンの報告はこちら。)

   レセプション
 〈調印式後のレセプションにて(左から、ビルンシュトックさん、グラスさん、モードラックさん、ヴォティエーさん、ヒルシュさん)〉

2月19日(土曜日)開会式

 午前中、コース下見をした後、開会式へ参加。開会式後は、パスタパーティーへ参加しました。

奥多摩大橋にて

マラソン開会式

2月20日(日曜日)大会当日

 10kmの部に、ミッテルラインマラソン長距離部門長であるローター・ヒルシュさんが自ら参加し、51分08秒のタイムで無事ゴールしました。
 30kmの部では、ゲハルト・ビルンシュトックさん、トーマス・ヴォティエーさん、ローゼリー・グラスさん、マティーナ・モードラックさんが参加し、みなさん無事にゴールしました。

  ビルンシュトック氏〈ビルンシュトックさん(市役所前にて)〉

 市民選手団のみなさんは、マラソン終了後、市内のほか、都内、川越、伊豆などを観光し、2月26日(土曜日)に帰国しました。
 5月には、第7回ミッテルラインマラソンに参加するため、青梅の市民ランナーがボッパルトを訪問する予定です。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課