本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 窓口・税 > 国民年金・国民健康保険・後期高齢者医療制度 > 医療費控除に係る国民健康保険・後期高齢者医療の医療費通知について

ここから本文です。

更新日:2019年2月14日

医療費控除に係る国民健康保険・後期高齢者医療の医療費通知について

平成30年分所得税等の確定申告に係る医療費控除について

所得税等の確定申告の際に「医療費控除」を受ける場合には「医療費控除の明細書」の作成が必要になります。

税務署の説明などで「医療費控除の明細書」を作成する際に健康保険の保険者が発行する「医療費通知」を添付すると、「医療費控除の明細書」の明細部分の記入が省略できるということになっていますが、加入している保険によって医療費控除の申請に適応しているかが異なりますのでご注意ください。

なお医療費控除や「医療費控除の明細書」の書き方等につきましては、青梅税務署(22-3185)にお問い合わせください。

青梅市国民健康保険

「医療費控除」の申請に適応した「医療費通知」を作成しておりません。

18歳以下の方および70歳以上の方に「医療費通知」を送付しておりますが、「医療費控除」には使えませんので、お間違えのないようご注意ください。

(医療費控除に適応した医療費通知の作成については、現在作成方法を検討しております。)

お手数ではありますが、「医療費控除」を申請する際は、医療機関の領収書等をもとに「医療費控除の明細書」を作成していただくか、今までどおり領収書等を添付または提示していただきますようお願いいたします。

東京都後期高齢者医療広域連合が発行する医療費通知

医療費控除の申請に適応しておりますので、確定申告でご利用することも可能です。

平成30年中に75歳になられた方は、75歳の誕生日前日までは青梅市国民健康保険等であるため、74歳の時の医療費については記載されません。ご注意ください。

問い合わせ

部署名:市民部保険年金課