本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 窓口・税 > 国民年金・国民健康保険・後期高齢者医療制度 > 国民年金 > 各種届け出を忘れずに

ここから本文です。

更新日:2017年2月16日

各種届け出を忘れずに

20歳になった時や、会社を退職された時はお手続きが必要です。

区分

こんなとき

印鑑・身分証明書のほか

必要なもの

届出場所

加入・種別変更 20歳になった時
(厚生年金の加入者は除く)
国民年金被保険者資格取得届書 住民票のある市区町村
会社等を退職した時
(退職した本人、被扶養配偶者ともにお手続きが必要です)
年金手帳・退職証明書等
配偶者(厚生年金加入中)の扶養になった時 配偶者の勤務先にご確認ください 配偶者の勤務先から年金事務所に届出
配偶者(厚生年金加入中)の勤務先が変わった時
配偶者(厚生年金加入中)の扶養からはずれた時 年金手帳・扶養からはずれた日を証明するもの 住民票のある市区町村
海外から転入した時 年金手帳(本人・配偶者)・パスポート
任意加入する時 年金手帳(本人・配偶者)等
60歳以上の高齢任意加入の方は通帳と金融機関のお届印
喪失 任意加入をやめる時

年金手帳

 

【注意】

  • 厚生年金へ加入している配偶者に扶養されている方は、配偶者の勤務先で被扶養配偶者(第3号被保険者)の手続きをすると、厚生年金の被用者年金制度がまとめて費用を負担しますので、個別に国民年金の保険料を納める必要がありません。
  • 国民年金に任意加入できる方
  1. 60歳未満の老齢(退職)年金受給権者
  2. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方(厚生年金加入以外の方)
  3. 日本人で外国に在住している20歳以上65歳未満の方
  4. 昭和40年4月1日以前に生まれた方で、満65歳の時点で年金を受けるために必要な資格期間を満たしていない方(65歳から70歳になるまでの間で資格期間を満たすまでの期間)

詳細青梅年金事務所電話番号0428-30-3410(代表)

 

問い合わせ

部署名:市民部保険年金課 

国民年金係
青梅年金事務所
〒198-8525青梅市新町3-3-1宇源ビル3・4階
電話0428-30-3410(代表)