本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 住まい・環境 > 青梅市墓地等の経営の許可等に関する条例等の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

青梅市墓地等の経営の許可等に関する条例等の一部改正について

「青梅市墓地等の経営の許可等に関する条例の一部を改正する条例」および「青梅市墓地等の経営の許可等に関する条例施行規則の一部を改正する規則」が平成30年1月1日より施行されました。改正された内容については以下のとおりです。

改正内容について(概要)

墓地等の経営主体について

墓地等の経営主体は、地方公共団体のほか、青梅市の区域内に主たる事務所を有する宗教法人および公益法人に限定しました。

墓地等の経営の許可等の申請までの手続きについて

申請までの手続きは、以下のとおりに改めました。

  • 申請前の協議を廃止し、標識の設置、住民説明会の開催を届け出ることとしました。
  • 標識を設置する日は、申請予定日の「90日前まで」を「120日前まで」としました。
  • 説明会については、開催日の30日前までに、近隣住民等へ開催する旨を通知し、開催日の7日前までに、説明会において使用する資料を配布することとしました。
  • 近隣住民等が意見を申し出る期間を、「申請予定日の30日前まで」から「説明会の開催日から60日以内」としました。

住民説明会の対象者の範囲について

墓地および納骨堂の計画の場合は、建設予定地の敷地境界線から「おおむね100m以内」を「200m以内」に、火葬場の計画の場合は、建設予定地の敷地境界線から「おおむね250m以内」を「500m以内」としました。

墓地の設置場所の距離要件について

住宅等の敷地から墓地までの確保しなければならない距離を、「おおむね100m以上」から「200m以上」としました。

墓地の構造設備基準について

墓地の構造設備基準は、以下のとおりに改めました。

  • 墓地の境界から墳墓が見えないよう障壁を設置し、障壁の外側には、墓地の境界に接する幅2m以上の緑地帯を設けることとしました。また、障壁の内側には、墓地の面積に応じて、次の表に掲げる幅の緑地帯を設けることとしました。ただし、「市街化区域に設けるもの」や「墓地の面積が1,000㎡未満のもの」については、緑地帯は設けなくてもよいこととしました。

墓地の面積

緑地帯の幅

1,000㎡以上、3,000㎡未満

3,000㎡以上、6,000㎡未満

1m以上

6,000㎡以上、9,000㎡未満

2m以上

9,000㎡以上

3m以上

 

  • 緑地帯および緑地に植栽する樹木は、10㎡当たり次の表に掲げる本数としました。

樹木の種別

本数

高木(通常の成木の樹高が3m以上の樹木(植栽時に2m以上))

1本以上

中木(通常の成木の樹高が3m以上の樹木(植栽時1.2m以上))

2本以上

低木(高木および中木以外の樹木(植栽時に0.3m以上))

3本以上

 

  • 車椅子を使用している方が円滑に利用することができる駐車施設を設けることとしました。
  • 出入口には、施錠ができる門扉を設けることとしました。
  • アスファルト、コンクリート、石など堅固な材料で築造され、路面は滑りにくい仕上げがなされた通路を設置し、その幅員は1.8m以上とし、各墳墓に接続していることとしました。
  • 墳墓の1区画当たりの面積を、3.75㎡以上としました。
  • 墓地に接する道路のうち、主たる入り口に接する道路は、幅員6m以上の国道、都道、市道であって、幅員9m以上の道路に接続していることとしました。

納骨堂の設置場所について

住宅等から納骨堂までの距離を、200メートル以上確保することとしました。

火葬場の設置場所について

住宅等の敷地から火葬場までの距離を、「おおむね250m以上」から「500m以上」確保することとしました。

工事着手の届出について

墓地等の工事着手を新たに届け出ることとしました。

墓地等の経営の許可等について

墓地等の経営の許可等については、以下のとおり改めました。

  • 経営の許可等を受けた墓地等は、経営を開始する前に、構造設備が申請した内容に適合していることの確認を受けなければならないこととしました。
  • 墓地等の経営の許可を受けてから1年を経過するまでに、工事に着手しない場合、許可の効力が失われることとしました。

経営の許可等の取消しについて

墓地等の経営の許可等を取り消す規定を新たに追加しました。

その他

  • 改正された条例等の施行日前に許可を受けた墓地、納骨堂または火葬場の経営または変更の許可の申請については、改正前の条例等の規定を適用します。
  • 改正された条例等の施行日前に宗教法人が許可を受けた墓地については、許可を受けた墓地に接する土地において、墓地の拡張を行う場合で、拡張前の墓地の面積の2倍以内である場合、手続きの全部または一部を省略することができます。

問い合わせ

部署名:環境部環境政策課