本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 住まい・環境 > ペット > 動物の遺棄・虐待は犯罪です

ここから本文です。

更新日:2016年8月31日

動物の遺棄・虐待は犯罪です

青梅市内で動物の遺棄・虐待に関する相談が寄せられています。動物の遺棄・虐待は以下の処罰の対象となります。すべての飼い主の方、これから飼おうとしている方は、共に暮らす動物の習性を学び、理解し、命に対して責任と愛情を持って最後まで飼いましょう。

  • 愛護動物を遺棄・虐待した場合、100万円以下の罰金
  • 愛護動物を殺傷した場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金

動物の遺棄・虐待防止啓発用ポスター

青梅市では以下のとおり周知用ポスターを作成しました。掲示を希望する方は、掲示する際に、土地の所有者の許可を得た上で掲示してください。

環境省が制作したポスターに自治体名を加えました(承認済み)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:環境部環境政策課 

内線:2332