本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 住まい・環境 > 放射線に関する情報 > 青梅市内の空間放射線量測定結果

ここから本文です。

更新日:2015年6月29日

青梅市内の空間放射線量測定結果

青梅市では、2011年6月25日から市内の空間放射線量の測定を行っております。測定結果は次のとおりです。

また、2012年2月10日に制定した青梅市放射性物質対応指針にもとづき、2012年2月24日から市内公共施設等の測定を開始しました。測定結果は次のとおりです。

使用機器:2011年7月から12月までDoseRAE2PRM-1200、2012年1月から日立アロカメディカル社製TCS-172B

使用した測定器は、個人の外部被ばくを管理する目的の機器であり、安全側に評価するように調整されているので、高めの数値を示します。(東京都説明)

日常生活における放射線については下記を参考にしてください。

日常生活と放射線

zu

拡大図を表示(PDF:1,374KB)

測定データの考え方

条件

  • 自然放射線量は全国平均で0.05マイクロシーベルト/時間
  • 屋外に8時間、木造家屋内に16時間いると仮定
  • 木造家屋内滞在(16時間)における低減効果(計数0.4)

測定結果から1年間の積算線量を推計する場合は、次のようになります。

(測定結果-自然放射線量)×(24時間分の16時間×0.4+24時間分の8時間×1)×24時間×365日

  • 今回の市内測定結果の平均(地上高1m、0.07マイクロシーベルト/時間)を年間に換算すると、105.12マイクロシーベルト/年
  • 今回の市内測定結果の最高値(森下児童遊園、地上高5cm、0.12マイクロシーベルト/時間)を年間に換算すると、367.92マイクロシーベルト/年

自然放射線量(1年間の全国平均0.05マイクロシーベルト/時間)を年間に換算すると、262.8マイクロシーベルト/年

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:環境部環境政策課