本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 住まい・環境 > 環境・公害対策 > 第2次青梅市地球温暖化対策実行計画を策定しました > アイドリングストップ装置の導入

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

アイドリングストップ装置の導入

青梅市では、地球温暖化対策の一環として、市の事務事業全般を対象とした、「青梅市地球温暖化対策実行計画」を策定し、様々な取り組みを行っています。
その取り組みの一つとして、平成21年12月に庁用車10台にアイドリングストップ装置を導入し運用をしています。

アイドリングストップとは

i-stop-1踏切や信号待ちなどの通常の運転シーンと、荷積み、荷降ろし、駐車場での人待ちの際などにエンジンを停止する2つのケースがあり、いずれも排気ガスの排出を減らし、燃料を節約するために行われます。
一般的に5秒以上の駐停車ならば、再始動時の燃料消費分を差し引いても、アイドリングストップした方が効果があるとされています。
ただし、専用の装置がない車両で、信号待ちなど公道上でのアイドリングストップを行う場合には、エンジン停止後、再始動までの間、キーの位置をOFFからACCに戻すことをお勧めします。これは万が一の事故の際、電気信号をカットしたOFF状態では、エアバッグが作動しない可能性があるためです。
専用の装置が装着されていない車両の場合、まずは駐車場などでの駐・停車時のアイドリングストップを心がけましょう。

イラスト出典元:全国地球温暖化防止活動推進センター

アイドリングストップ装置の説明

i-stopimagephoto今回青梅市が導入したアイドリングストップ装置は、後から車両に装着して使用するタイプです。
オートとマニュアルの2つのモードが選択でき、マニュアルの場合はアイドリングストップしたい状況で、自ら機械の操作ボタンを押してエンジンを停止させます。
オートの場合は、発進後、速度が20キロメートルを超えると作動し、これ以後、車両が停まる都度、エンジンを自動で停止させます。
オートとマニュアルいずれの場合も、ブレーキを踏んだ状態からギアをニュートラルに入れるとエンジンを再始動できます。
なお、交差点内での右左折時における対向車や歩行者の通過待ちをしている際に、不意にエンジンストップして交通の遮断による渋滞を引き起こさないため、ウインカー点滅時にはアイドリングストップしない設定にしてあります。

写真は実際に庁用車に取り付けられたアイドリングストップ装置です。

アイドリングストップ装置の運用結果

平成22年1月から3月までの間の運用結果

番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
車両区分 軽貨物 小型乗用 小型乗用 軽貨物 軽貨物  軽貨物  軽貨物 軽貨物 軽貨物 小型乗用  
イグニッションON時間 1,696分 2,911分 4,324分 4,671分 4,804分 5,002分 4,702分 4,007分 5,493分 3,175分 40,785分
アイ・スト時間 153分 186分 254分 320分 311分 361分 312分 202分 355分 244分 2,698分
アイ・スト比率 9.02パーセント 6.39パーセント 5.87パーセント 6.85パーセント 6.47パーセント 7.22パーセント 6.64パーセント 5.04パーセント 6.46パーセント 7.69パーセント 6.62パーセント

イグニッションON時間とはイグニッションをONにしていた時間の合計、アイ・スト時間とはアイドリングストップした時間の合計、アイ・スト比率とはイグニッションON時間に対するアイドリングストップ時間の比率です。

10台のアイドリングストップの合計時間は2,698分=44時間58分、約45時間に達しています。
一般的に、10分のアイドリングストップを行うと、140ccのガソリンを節約すると言われています。
45時間のアイドリングストップにより、節約できたガソリンは37,800cc=37.8リットルとなり、このガソリンが消費された場合に排出される二酸化炭素86,940グラム=86.94キログラムを削減したことになります。これは杉の成木6.2本が1年をかけて吸収する量です。

平成22年4月から平成23年1月までの間の運用結果

番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
車両区分 軽貨物 小型乗用 小型乗用 軽貨物 軽貨物  軽貨物  軽貨物 軽貨物 軽貨物 小型乗用  
イグニッションON時間 6,606分 11,257分 8,916分 20,624分 20,323分 14,550分 8,602分 20,616分 15,046分 14,760分 141,300分
アイ・スト時間 361分 608分 455分 1,304分 1,157分 887分 545分 1,294分 834分 894分 8,339分
アイ・スト比率 5.46パーセント 5.40パーセント 5.10パーセント 6.32パーセント 5.69パーセント 6.10パーセント 6.34パーセント 6.28パーセント 5.54パーセント 6.06パーセント 5.90パーセント

イグニッションON時間とはイグニッションをONにしていた時間の合計、アイ・スト時間とはアイドリングストップした時間の合計、アイ・スト比率とはイグニッションON時間に対するアイドリングストップ時間の比率です。

10台のアイドリングストップの合計時間は8,339分=138時間59分、約139時間に達しています。
一般的に、10分のアイドリングストップを行うと、140ccのガソリンを節約すると言われています。
45時間のアイドリングストップにより、節約できたガソリンは116,760cc=116.7リットルとなり、このガソリンが消費された場合に排出される二酸化炭素268,410グラム=268.41キログラムを削減したことになります。これは杉の成木19.1本が1年をかけて吸収する量です。

市では今後もアイドリングストップをはじめとするエコドライブを推進していきます。

問い合わせ

部署名:環境部環境政策課