本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 住まい・環境 > 環境・公害対策 > 「青梅市ポイ捨ておよび飼い犬のふんの放置の防止ならびに路上喫煙の制限に関する条例」制定について

ここから本文です。

更新日:2017年5月2日

「青梅市ポイ捨ておよび飼い犬のふんの放置の防止ならびに路上喫煙の制限に関する条例」制定について

項目

条例制定の背景と目指すもの

パブリックコメントについて

条例の特徴

環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区の指定

環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区を追加指定しました

路上喫煙禁止地区における悪質な喫煙行為には過料が科せられることがあります

条例制定の背景と目指すもの

市では、これまで環境美化委員をはじめとする多くの市民の皆様とともに、美化デーやマナーアップキャンペーンなどを行い、地域の環境美化を推進してきました。

しかし、残念なことにその一方で、市内の道路や広場等には、たばこの吸い殻や空き缶などのごみや犬のふんが放置されたりしています。

また、道路や広場等での喫煙は、周囲の人々に不快な思いをさせるだけでなく、やけど等の危険も含んでいます。

このような「行為」を「未然に防止する」ことを主眼とし、ルールとして禁止、制限することで、地域の環境美化を推進し、安全で快適な生活環境を確保することが、この条例の目的です。

ページの先頭へ戻る

パブリックコメントについて

平成21年8月15日~31日に募集したパブリックコメントには、13人の方からご意見をいただきました。

詳細は下記のリンクからご覧ください。

パブリックコメントに寄せられた市民意見と市の考え方(PDF:52KB)

パブリックコメント寄せられた意見に関するデータのグラフ(PDF:281KB)

ページの先頭へ戻る

条例の特徴

1禁止される行為

市内の道路、公園、広場、河川その他屋外の公共の場所の他、他人が所有占有し、または管理する屋外の場所において、次の行為を禁止としました。

ポイ捨てをすること

飼い犬のふんを放置すること

歩行中または自転車等で走行中に喫煙をすること

2犬の飼い主の方へのお願い

飼い犬が排せつしたふんを持ち帰るために、飼い犬を連れているときは、ふんを持ち帰るための容器等を携帯するよう努めていただきます。

愛犬が、周囲の皆さんに愛されるためにも、ご理解とご協力をお願いします。

3喫煙者の方へのお願い

市内の道路等、屋外の公共の場所での歩きタバコ、自転車等での走行中の喫煙は、いずれも禁止行為となります。

また、立ち止まって喫煙する場合であっても、吸い殻をポイ捨てしないために、常に吸い殻入れを携帯し、これを使用するよう努めるとともに、周囲への配慮をお願いします。

喫煙者の方にとっては憩いの一時であっても、周囲の方にとっては必ずしもそうとは限りません。

特に小さいお子さんや、妊婦の方、高齢者の方などへ、常に配慮を怠らないことが、喫煙者のマナーです。

「青梅市ポイ捨ておよび飼い犬のふんの放置の防止ならびに路上喫煙の制限に関する条例」条文(PDF:20KB)

場所別禁止行為一覧表(PDF:18KB)

ページの先頭へ戻る

環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区の指定

平成22年7月1日から、青梅駅、東青梅駅、河辺駅の駅前を地区指定しました。

この地区内では、灰皿のある決められた場所(喫煙スポット)以外での喫煙はすべて禁止となります。

ただし、お店などに設置した灰皿での喫煙は規制の対象外になります。

また、加熱式たばこについても、路上喫煙禁止地区内では灰皿のある決められた場所(喫煙スポット)の利用をお願いします

市では、キャンペーンや路面標示シート、看板の設置等により、条例の趣旨や目的などの情報発信を行って、街の環境美化に努めていきます。

喫煙者と非喫煙者、ペットを飼っている方と飼っていない方、すべての市民の方がお互いを理解し、住みよい街になるよう、市民の皆さんと協働で条例の趣旨や目的の浸透に努めていきます。市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

環境美化推進重点地区、路上喫煙禁止地区の地図

青梅駅はこちらから(PDF:217KB)

東青梅駅こちらから(PDF:279KB)

河辺駅こちらから(PDF:398KB)

各駅のロータリー付近には5箇所の喫煙スポットが設定されています。

各駅のスポットの位置は上の地図からご確認ください。

こちらに設置された灰皿は、日本たばこ産業株式会社立川支店のご協力により置かれたものです。

ご利用される喫煙者の方々には、非喫煙者の方への配慮を常に忘れず、気持ちよくお使いいただけるよう、ご協力をお願いします。 

ome higashiome-s

環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区を追加指定しました

平成22年7月1日に環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区に指定した青梅駅、東青梅駅、河辺駅の駅前地区に加え、平成29年5月1日から、あらたに小作駅周辺(小作駅北交差点から誠明学園前交差点まで)を指定しました。

この地区は羽村市がすでに指定する小作駅北口駅前地区の市境界の商業地区であり、駅前環境美化の推進、住みよい街を目指すことを目的として追加指定しました。

市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

追加指定された地区はこちらから(PDF:19KB)

 

平成29年5月1日に、小作駅周辺において、環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区の追加指定に伴い、周知啓発のキャンペーンを行いました。

職員が小作駅北交差点から誠明学園前交差点までの間で、啓発物品を配布し、環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区の説明を行い、協力を呼びかけました。

 

kyannpe-n1kyannpe-n2

kyannpe-n5seisou1

ページの先頭へ戻る

路上喫煙禁止地区における悪質な喫煙行為には過料が科せられることがあります

市民の皆さんの利用度が高い青梅駅、東青梅駅、河辺駅の各駅のロータリーおよび周辺の道路を環境美化推進地区ならびに路上喫煙禁止地区として指定し、巡回啓発活動を行ってきましたが、残念ながら今も吸い殻ごみが見受けられます。

平成23年1月1日からは、路上喫煙禁止地区内における悪質な喫煙行為に対しては、2000円の過料が科せられることがあります。

また、ふんの放置に関する苦情も寄せられております。ふんの放置は街の美観を損ねるばかりでなく、不衛生でもあります。飼い犬と散歩に行かれる際には、ふんを持ち帰るための容器等を、忘れずにお持ちいただくようお願いします。

喫煙者と非喫煙者、ペットを飼っている方と飼っていない方、すべての市民の方がお互いを理解し、それぞれの立場を尊重し合うことで、青梅市がますます美しく、住みよい街になるよう、市民の皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:環境部環境政策課 担当者:管理係