本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 住まい・環境 > 環境・公害対策 > (仮称)青梅市生物多様性地域戦略を策定しています

ここから本文です。

更新日:2017年4月26日

(仮称)青梅市生物多様性地域戦略を策定しています

青梅市では、平成27年3月に策定した「第2次青梅市環境基本計画」にもとづき各施策を推進していますが、生物多様性の保全に関して、青梅市ならではの「(仮称)青梅市生物多様性地域戦略」を策定することとなりました。

地域戦略策定にあたっては、公募による市民、学識経験または専門的知識を有する者、市の区域内の生物多様性の保全等を行う団体に所属する者および関係行政機関の職員で構成する「青梅市生物多様性保全協議会」と、庁内の関係部課長で構成する「青梅市生物多様性地域戦略検討委員会」を設置し、平成28年度から3か年での策定を進めています。

seibutsu

生物多様性地域戦略とは

生物多様性地域戦略とは、都道府県や市町村が、単独または共同して策定する生物の多様性の保全および持続可能な利用に関する基本的な計画であり、市内に生息・生育する多種多様な生き物や豊かな自然環境といった貴重な財産を、将来に渡って守り続けられるよう、市民、事業者、市民団体、専門家、行政等が協力して、取り組みを進めていくものです。

策定スケジュール

平成28年度から平成30年度までの3カ年で策定する予定です。
平成28年度は、青梅市生物多様性保全協議会を5回、青梅市生物多様性地域戦略検討委員会を5回開催しました。
平成29年度も保全協議会と検討委員会で協議を進め、平成30年秋ごろの策定を目指しています。

問い合わせ

部署名:環境部環境政策課