本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 事業者の方へ > 契約・入札情報 > 賃金等の変動に対する工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の運用について

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

賃金等の変動に対する工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の運用について

「平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価」(以下「新労務単価」という。)について、国は、労働市場の実勢価格を適切に反映するとともに、社会保険への加入徹底の観点から、必要な法定福利費相当額を反映させた新労務単価を決定・公表し、平成28年度公共工事設計労務単価(以下「旧労務単価」という。)に比べて大幅に上昇させました。
さらに、国では、平成26年6月に改正された、公共工事の品質確保の促進に関する法律(平成17年法律第18号)に、公共工事の品質確保の担い手が中長期的に育成・確保されるための適正な利潤が確保されるよう、市場実態等を的確に反映した積算による予定価格の適正な設定が発注者の責務として位置付けられたことを踏まえ、予定価格への新労務単価の早期適用と、一定の既契約の工事については、インフレスライド条項を適用し、新労務単価を反映するよう、各自治体においても要請しています。

青梅市においても、国からの要請を踏まえ、一定の既契約工事についても新労務単価に対応し、インフレスライド条項(工事請負契約書第25条第6項)の適用を下記のとおり取り扱うこととしましたので、お知らせいたします。

1 適用対象工事

平成29年3月1日が工期内にある工事で、かつ残工事が原則として2か月以上ある工事を対象とする。
なお、契約変更により工期延長した結果、残工期が2か月以上となる予定の工事についても対象とする。

2 スライド請求方法

スライド請求期間は、運用開始日(平成29年3月2日)から次の賃金水準の変更がなされる(次の公共工事設計労務単価の改定の時期)までとする。この間の請求は1回までとする。
受注者が、インフレスライド条項の規定により契約金額の変更を請求する場合には、書面により行うこととし、請求書に賃金水準または物価水準の変動により契約金額が不適当となったことを示す資料(概算スライド額調書)を添付し、工事担当課に提出するものとする。

3 定義

(1) 請求日

 インフレスライド条項により、受注者が契約金額の変更の請求を書面により提出した日とする。

(2) 基準日

スライド額算出の基準となる日をいい、出来高を算定する基準となる日、賃金水準および物価水準の変動後単価の基準となる日をいう。請求日と同じ日とすることを基本とするが、請求日から起算して14日以内で発注者と受注者が協議して定める日とする。

(3) 残工事

基準日以降の工期までの工事期間とする。ただし、基準日までに契約変更を行っていない場合でも、先行指示等により工期延長が明らかな場合には、その工期延長期間を考慮することができる。

(4) 出来形数量

基準日における既済部分にかかる設計数量

(5) スライド額

契約変更の対象となる額をいい、残工事に対する変動前後の差額のうち、変動前残工事金額の100分の1を超える額

4 手続の流れ

手続の流れについては、下記の「インフレスライド条項の手続フロー」を参照すること。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:総務部契約課