本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 東京都防災ボランティア制度に基づく平成29年度第1・2回被災建築物応急危険度判定員募集のご案内

ここから本文です。

更新日:2017年8月3日

東京都防災ボランティア制度に基づく平成29年度第1・2回被災建築物応急危険度判定員募集のご案内

1.応急危険度判定

応急危険度判定は、余震等による建築物の倒壊などに伴う二次災害を防止するため、地震発生後てきるだけ早く、かつ短時間で建築物の被災状況を調査し、その建築物の当面の使用の可否を判定するものです。

2.防災ボランティア制度

防災ボランティア制度は「東京都地域防災計画」に基づくもので、専門的な技術をもつ民間の方々を平常時から登録させていただき、災害時にボランティアとしての活動をお願いする制度です。この防災ボランティアの業務のひとつが応急危険度判定であり、建築技術の専門家である建築士の方々に協力をお願いする分野です。

3.応急危険度判定員の募集

次のとおり、防災ボランティア制度に基づく応急危険度判定員として登録させていただく方を募集します。登録を希望する方には講習を受けていただき、受講後、登録証を発行します。
なお、東京都では平成7年度よりボランティアの養成に努めてきたところであり、現在約12,000名を越える方が登録されております。

  1. 応募資格
    建築士(建築士法第2条に規定する1級、2級、木造建築士)の資格を有する方で、東京都内に在住または在勤の方
  2. 受講料
    無料
  3. 講習
    講習の内容
    (1)東京都の防災対策について
    (2)応急危険度判定制度について
    (3)応急危険度判定の事例について
    (4)応急危険度判定技術について
  4. 講習会等

日時

会場

定員

<第1回>平成29年9月15日(金曜日)

13時40分~17時(受付12時30分~)

都庁第一本庁舎5階大会議場

(新宿区西新宿2-8-1)

500名

<第2回>平成29年10月26日(木曜日)

13時40分~17時(受付12時30分~)

都庁第一本庁舎5階大会議場

(新宿区西新宿2-8-1)

500名

4.募集期間

平成29年8月1日(火曜日)から

<第1回>9月8日(金曜日)(必着)まで

<第2回>10月13日(金曜日)(必着)まで

5.申込方法

  1. 申込書の入手方法
    青梅市建設部建築営繕課、生活安全部防災課窓口にて申込書の配布を行っております。また、東京建築士会ホームページ、東京都都市整備局のホームページからもダウンロードすることが可能です。申込書に必要書類を添えて申込先までご提出、またはご郵送ください。
  2. 申込先
    一般社団法人東京建築士会「防災ボランティア」係〒104-6204東京都中央区晴海1-8-12オフィスタワーZ棟4階(電話03-3536-7711)

6.制度に関する問い合わせ

東京都都市整備局市街地建築部建築企画課耐震化推進担当

電話03-5388-3339

7.関連リンク

問い合わせ

部署名:建設部建築営繕課