本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 健康 > 健康管理 > 救急診療

ここから本文です。

更新日:2013年1月10日

救急診療

休日・平日夜間診療

健康センター内の青梅休日診療所で平日の夜も内科・小児科の救急診療を実施しています。

 

小児救急電話相談(母と子の健康相談室) #8000

子どもの急な病気に困ったら、まずお電話を!!

小さなお子さんをお持ちの保護者の方が、休日・夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか、

病院の診療を受けたほうがいいのかなど判断に迷った時に、小児科医師・看護師への電話による相談ができるものです。

 

東京消防庁救急相談センター #7119

病院へ行った方がよいか、救急車を呼んだ方がよいか、迷ったら救急相談センターへ

急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、

「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷った際、

東京消防庁救急相談センターでは、これらの相談に相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、

24時間年中無休で対応しています。

 

 東京版救急受診ガイド

病気やけがの緊急度や受診する科目を、パソコンや携帯電話を通じて確認できるサービス

 ホームページ上で、主な19の症状について、利用者の方自らが症状をチェックしていくことで、

傷病の緊急度などに関するアドバイスが得られます。

#7119へ電話がつながらなかった場合や、電話するまでもないと悩んでいる方はこちらをどうぞ。

 

東京民間救急コールセンター 0570-039-099

転院や入退院、通院などの緊急性がない場合に搬送を行う民間の搬送事業者(民間救急)や、

ご自分で歩行が可能な方で緊急性がない場合に、通院や受診などをサポートするタクシー事業者(サポートCab)を

ご案内します。

 

救急医療の東京ルールをご存知ですか

救急医療機関や救急車の不足、夜間対応病院の混雑など、救急医療の現場には、さまざまな問題が生じています。
たとえば、東京で救急搬送された年間約60万件のうち、94%は速やかに運ばれています。

しかし、全体の6%にあたる約4万件が、搬送先の病院がスムーズに決まらず、搬送困難になっています。
あなたの家族、そしてあなた自身の「もしも」のときに、救急医療の現場が混雑していたら…
この状況を改善し、より大きな安心を実現するために決められたのが、「救急医療の東京ルール」です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:健康福祉部健康課