本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 健康 > 健康管理 > 日本脳炎ワクチンの不足について

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

日本脳炎ワクチンの不足について

現在、日本脳炎ワクチンが全国的に不足し、医療機関の予約が取りにくい、予約が取れないといった状況が発生しております。

主な原因や再開の見込みについては、以下をご確認ください。

主な原因について

2種類ある日本脳炎ワクチンのうち1種類について熊本県の工場で製造しておりましたが、平成28年4月に発生した熊本地震で製造工場に被害が発生し、現在、一定期間供給が困難との見込みが示されました。

これまで接種を行っていなかった地域で日本脳炎ワクチンの定期接種が開始されたこと、また、一部の地域において、3歳からだった接種年齢を独自に早められたことにより、全国的に需要が拡大しました。

再開の見込みについて

該当の日本脳炎ワクチン製造メーカーの報告では、平成30年1月から供給を再開する見込みとなっております。

全国的な不足となっているため、正常な生産が整うまでは、予防接種の予約が取りにくい、予約が取れないといった状況となります。

皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

接種スケジュールについて

日本脳炎の接種対象年齢は、他の予防接種と比べて広く設定されております。

お子様の接種期間を以下の日本脳炎スケジュールで確認し、「かかりつけ医療機関」と相談して接種を受けるようお願いいたします。

日本脳炎スケジュールについて

問い合わせ

部署名:健康福祉部健康課