本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 健康 > 健康管理 > O157(腸管出血性大腸菌)について

ここから本文です。

更新日:2017年10月2日

O157(腸管出血性大腸菌)について

腸管出血性大腸菌の特徴について

大腸菌は人や動物の腸管に存在していますが、人に対して病原性がある大腸菌を総称して下痢原性大腸菌(病原大腸菌とも呼ばれる)と呼んでいます。

O157(腸管出血性大腸菌)も下痢原性大腸菌のグループに入ります。

菌に感染すると、出血性の大腸炎を発症しますが、健康な成人では無症状であったり、単なる下痢で終わることも多いとされています。

しかし、乳幼児や小児、基礎疾患を有する高齢者では、腹痛や血便などの出血性腸炎のほかに、まれに急性腎不全や血小板の減少、貧血などの症状を発症する溶血性尿毒症症候群(HUS)を引き起こすことがあります。

(引用元:東京都福祉保健局ホームページ)

原因となる食品について

O157(腸管出血性大腸菌)を保菌している人や動物からの二次感染により、あらゆる食品が原因となる可能性があります。

(引用元:東京都福祉保健局ホームページ)

症状について

潜伏期間は平均4~8日で、症状は激しい腹痛で始まり、数時間後に水様下痢を引き起こすことが多く、1~2日後に血性下痢が見られます。血性下痢では、糞便を含まないこともあり、ほとんどが血液です。

また、溶血性尿毒症候群(HUS)や脳障害を併発することがあり、HUSでは、下痢が始まってから約1週間後に、赤血球の破壊による貧血や血小板の減少、急性腎不全などの症状を発症し、重症化すると死に至る場合もあります。

(引用元:東京都福祉保健局ホームページ)

予防のポイントについて

  1. 生野菜などはよく洗い、食肉は中央まで十分に加熱してから食べること。
  2. 冷蔵庫内の食品を定期的に点検し、早めに食べること。
  3. 加熱調理済みの食品への二次感染を防ぐために、調理器具を十分に洗い、できれば、調理器具を熱湯消毒等を行うこと。
  4. 調理前および作業ごとに石けん等で手洗いを行うこと。
  5. 腹痛、下痢が続いたら、すぐに医療機関を受診すること。
  6. 感染者のいる家庭では、感染者の糞便に汚染された衣類等の取扱いに十分注意すること。

(引用元:東京都福祉保健局ホームページ)

問い合わせ

部署名:健康福祉部健康課 

電話:0428-23-2191