本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 子育て > 出産・育児 > 栄養教室・食育事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月16日

栄養教室・食育事業

青梅市では、お子さんの年齢(月齢)などに合わせた様々な栄養に関する教室や食育事業を行っています。

栄養教室

離乳食教室(ゴックン、モグモグ、カミカミクラス) 幼児食教室(キッズクラス) 妊婦食教室(プレママクッキング)


詳細については、「広報おうめ」でも順次ご案内していきます。

お申し込み・お問い合わせは、青梅市健康センター(0428-23-2191)まで

離乳食教室

生まれてからしばらくの間は、ママのおっぱいやミルクで大きくなった赤ちゃんも、やがて『ものを食べること』を覚えていきます。そのはじめの一歩が離乳食。
そこで、月齢に合わせた3つのコースでママのお手伝いをしていきます。

  1. ゴックンクラス(生後4~5か月頃の乳児と保護者が対象)
  2. モグモグクラス(生後6~7か月頃の乳児と保護者が対象)
  3. カミカミクラス(生後8~9か月頃の乳児と保護者が対象)

いずれも

  • 時間 午前10時~午前11時30分
  • 会場 健康センター2階もしくは市内市民センター和室
  • 定員 20組程度
  • 持ち物 バスタオル、おむつやミルクやお湯など外出時に必要な物

食品衛生上、調理した物の持ち帰りはできませんのでご了承ください。

各コースの日程と場所について(PDF:61KB)

 ゴックンクラス

おっぱいやミルクだけの生活から食べものを与えていくのは、ママにとっても初めてのことばかりで不安がいっぱいなことでしょう。
ここでは、試食を通して離乳食の始め方や食材の増やし方を試食を通して説明します。

  • 参加費 100円

 モグモグクラス

離乳食を始めて2か月くらい経つと、そろそろ2回食へと進めていきます。また、このころからお口をモグモグして噛むことも覚えていきます。
ここでは、試食を通して離乳食の進め方や味のつけ方などを説明します。

  • 参加費 100円

 カミカミクラス

この頃になると、つかまり立ちや興味のあるものを口に入れてみるなどの行動が出てきます。そろそろ「手づかみ食べ」の準備をしましょう。また、栄養の大半を離乳食から摂ることになるので、メニューにも工夫が必要となります。
ここでは、試食を通して成長に必要な栄養やこの時期に適した食べさせ方を説明します。

  • 参加費 200円

幼児食教室(キッズクラス)

望ましい食習慣は、規則正しい生活リズムから培われ、その基礎となるのが幼児期です。また、この頃になると食べものに対する好き嫌いも出てきてママを悩ませます。そこで、毎回テーマを変えて、子どもたちが必要とする栄養を上手に摂らせるためのメニューを調理実習を通して説明します。

日程と場所について(PDF:72KB)

  • 時間 午前10時~正午
  • 会場 市民センター料理教室
  • 参加費 400円
  • 定員 20組※託児あり
  • 持ち物 エプロン、バンダナ(三角巾)、ふきん、手ふき、必要に応じ麦茶等の飲物
  • その他 原則、保護者を対象としていますが、テーマにより親子での参加があります。

テーマにより持ち物も変わります。詳しくはお問い合わせください。

食品衛生上、調理した物の持ち帰りはできませんのでご了承ください。

平成25年11月29日のキッズクラスの様子

たのしくクッキング!

みんなでいただきます!

楽しくみんなでクッキング!いただきまーす!

竜眼巻風 芋ご飯 野菜炒めのお弁当できあがり!

竜眼巻風、野菜炒め、芋ご飯のお弁当 できあがり!

妊婦食教室(プレママクッキング)

お腹の赤ちゃんの栄養は、ママの食事の影響を大きく受けます。ママが食べたり食べなかったりでは、赤ちゃんへの栄養は充分には行きわたりません。この時期だからこそママにはきちんと食べてもらいたい。その思いをこめてママと赤ちゃんに必要な栄養について調理実習を通して説明します。

日程と場所について(PDF:72KB)

  • 時間 午前10時~正午
  • 会場 市民センター料理教室
  • 参加費 600円
  • 定員 20人
  • 持ち物 エプロン、バンダナ(三角巾)、ふきん、手ふき、必要に応じ麦茶等の飲物

食品衛生上、調理した物の持ち帰りはできませんのでご了承ください。

食育事業

2005年に成立した食育基本法において、食育とは「生きるための基本的な知識」であり、「様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる」ことであるとされました。

青梅市の食育基本理念

「食を通して地域の人の輪が広がる 元気で楽しい健康づくり」

重点目標

  1. 生活習慣病の予防につながる食育を推進していく
  2. 子育て世代を重点に食育を推進していく
  3. 食を楽しむ環境づくりにつながる食育を推進していく

取り組みの視点と方向

目標1 規則正しい食習慣と生活リズムを身につける

目標2 食育を通して子どもの健やかな発育を促す

目標3 食の安全・安心への理解を深め、支援に努める

目標4 行事食や伝統食・郷土料理の紹介・普及に努める

目標5 地場農産物を通して地域のつながりを広める

目標6 楽しく食べる環境づくりに努める

取組分野

ライフステージごとに実施

  • 食生活・生活習慣
  • 食に関する知識・学習
  • 食によるコミュニケーション
  • 歯の健康

親子食育講座(親子クッキング)

私たちが生きていく上で欠かすことができない「食」。身近でありながら知らないことがいっぱいの「食」。「食」について色々な角度から考える教室です。頭を使った後は、親子で楽しくクッキングをしましょう!

日程と場所について(PDF:72KB)

平成29年度の親子クッキング(食育講座)で好評だったメニューを紹介します。

oyakokukkingu1

oyakokukkingu2

「野菜を食べよう!」野菜メニュー紹介(PDF:136KB)

各教室、講座とも、会場の市民センターは開催日により異なりますのでご注意ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:健康福祉部健康課 

電話:0428-23-2191(健康センター)