本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 住まい・環境 > 公園・道路・河川等の問い合わせ > 国土調査以外の測量の利活用について(国土調査法第19条第5項制度)

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

国土調査以外の測量の利活用について(国土調査法第19条第5項制度)

19条5項指定とは

土地に関する様々な測量・調査成果が地籍調査と同等以上の精度、または正確さを有する場合に、地籍調査の成果と同様に取り扱うことができるよう、国が指定する制度です。根拠が国土調査法第19条第5項であることから、「19条5項指定」と呼んでいます。

この制度は、地方公共団体だけではなく、民間事業者等も申請することができます。

対象条件等の詳細は、国土調査以外の測量成果の活用について~国土調査法第19条第5項指定制度~[地籍調査WEBサイト]にて

御確認ください。

地籍整備推進調査費補助金について

積極的に19条5項指定を申請できるように、国が平成22年度より地籍整備推進調査費補助金を創設しました。

これには、民間事業者等による調査・測量に対して直接補助できる制度(補助率は1/3の国直接補助)となります。

青梅市における相談は、建設部管理課地籍調査係まで御連絡ください。

対象条件等の詳細は、地籍整備推進調査費補助金[地籍調査WEBサイト]にて御確認ください。

問い合わせ

部署名:建設部管理課