本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 福祉 > 高齢者支援 > 介護保険制度 > 介護保険料の平準化

ここから本文です。

更新日:2015年7月30日

介護保険料の平準化

介護保険料の特別徴収(年金天引き)は、年度の上半期(4月・6月・8月)の納付を「仮徴収」、下半期(10月・12月・2月)の納付を「本徴収」として区別していますが、前年の収入の変動などで、仮徴収と本徴収の保険料額が大きく変動することがあります。

このような納付額のバラつきを解消するために、8月の仮徴収額を調整して、翌年度内にかけての保険料額を平均した保険料額に近づける処理を行います。これが介護保険料の平準化です。(次の説明図も参考にしてください。)

なお、平準化を行っても、再度収入が変動するなどして保険料額が変わった場合は、年度内での保険料額の変動が大きくなることがあります。

 

その1・・・平準化前の介護保険料が、10月以降減少する場合の平準化の例

その2・・・平準化前の介護保険料が、10月以降増加する場合の平準化の例

 

  • 8月の天引き額が極端に増減している場合がありますが、これは平準化を実施したことによる調整の結果となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:健康福祉部高齢介護課