本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 福祉 > 高齢者支援 > 介護保険制度以外の高齢者向けサービス > 日常生活用具の給付

ここから本文です。

更新日:2016年3月28日

日常生活用具の給付

対象

65歳以上の方で、介護保険で非該当(自立)と判定されたが介護用品の給付が必要と認められる方

内容

シルバーカーのイメージ入浴補助用具、歩行補助車(シルバーカー)等を下記の基準額まで1割または2割(※)の費用負担で給付します。

準額

  • 腰掛便座…51,500円
  • 入浴補助用具…90,000円
  • 歩行支援用具…53,600円
  • 段差解消機…50,500円
  • 歩行補助車(シルバーカー)…35,100円

また、介護保険とは別に本人の身体状況等の調査があります。
購入後の助成はできませんので、事前に申請してください。

(※)介護サービスを利用する場合の利用者負担割合が2割となる所得基準に該当する世帯については、自己負担額が2割となります。


日常生活用具給付の流れ

日常生活用具給付の流れ(PDF:14KB)

申請

申請には在宅介護支援センターの調査が必要です。
詳しくはお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:健康福祉部高齢介護課