本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 福祉 > 高齢者支援 > 介護保険制度 > 介護保険料の滞納を続けると?

ここから本文です。

更新日:2015年4月14日

介護保険料の滞納を続けると?

介護保険制度は、介護を国民皆で支え合う制度です。被保険者間の負担の公平を確保するため、保険料の滞納がある方が介護保険のサービスを受けた場合には、以下のような措置が講じられることとなっています。

1.保険料を1年以上滞納している場合

  • 保険給付が償還払い化されます。
    償還払いとは、介護費用が全額自己負担となり、その後、申請により9割分が戻る制度です。)

2.保険料を1年6か月以上滞納している場合

  • 1.により償還払いされる9割分の費用が差し止められます。
  • さらに、滞納している介護保険料の額と差し止めた給付額を相殺することもあります。
    (介護保険料に未納があれば、差し止めた給付額を充当します。)

3.保険料を2年以上滞納している場合

  • 滞納期間に応じた期間、自己負担率が1割から3割に引き上げられます。
  • その他に、高額介護サービス費などの支給が受けられなくなります。

 

(注)1.、2.の措置については、それぞれの期間の経過前であっても、市の判断により行うことができます。

問い合わせ

部署名:健康福祉部高齢介護課