本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 子育て > 青少年健全育成 > 青少年健全育成団体登録

ここから本文です。

更新日:2017年9月21日

青少年健全育成団体登録

青少年健全育成団体登録制度とは

「青梅市青少年健全育成団体登録制度」とは、青少年の健全育成に資するため、毎年度、継続して青少年健全育成活動を行う子供会等の文化系団体およびサッカー等の体育系団体など団体の情報を登録し、広く市民に提供するとともに、その活動をさまざまな形で支援するためのものです。

登録された団体の情報は、市のホームページ等に掲載し、市民に提供されます。また、各市民センターなどの施設使用料の減免を受けることができます。

登録できる団体

登録できる団体は、次のすべての条件にあてはまる団体です。また、営利等を目的とする団体など、その活動内容等により申請されても登録できない場合があります。

  • 青少年の健全育成を目的とした活動を行う団体であり、その活動内容が青少年に対するものであること
  • 市民に開かれた団体であること
  • 代表者は成人であること
  • 代表者、指導者、世話人等を除く構成員は、すべて中学生以下であり、同一種目の他団体に所属していない者が10人以上であること
  • 構成員の過半数が青梅市内に在住、在勤または在学する者で構成され、活動の拠点が市内にあること

受付期間・登録有効期間

登録申請の受付けは年間を通して随時実施しています。

登録申請にもとづき青少年健全育成団体として承認・登録されますと、団体代表者の方あてに「承認書」を郵送します。

登録有効期間:各年度の末日(3月31日)まで毎年度、登録申請が必要となります。

翌年度用申請受付期間

新規団体および継続団体ともに登録申請が必要となります。

原則として、毎年3月1日から15日まで(具体的な日程は「広報おうめ」2月15日号によりお知らせします。)の期間中に登録申請手続きが完了した団体については、翌年度の4月1日からの承認・登録となります。この期間以降での申請については、4月1日の承認・登録に間に合わなくなる場合がありますのでご注意ください。

施設使用料の減免について

青少年健全育成団体として承認・登録された場合には、施設予約時にお支払いただく各市民センターなどの施設使用料の減免を受けることができます。

  • 平成29年6月末使用分まで 減額(100分の50相当額)
  • 平成29年7月1日使用分から 免除(全額)

<注意>平成29年7月1日使用分から使用料が免除(全額)されますが以下の点に御注意願います。

  • 施設の使用に当たり、無断キャンセルをすることがないよう注意願います。無断キャンセルが数回ある場合は、施設使用申請時の抽選や施設の使用を制限され、また、次年度の青少年健全育成団体の登録ができなくなる場合があります。
  • 青少年健全育成団体の登録有効期間は各年度の末日(3月31日)までです。毎年度、登録申請をしないと団体登録簿に登載されず、施設使用料は減免されません。すでに減額を受けている団体で、引き続き登録団体となることを予定する団体は、翌年度用申請受付期間(原則として3月1日から15日まで)内の登録更新手続きを厳守するよう願います。

受付場所

申請受付は、次の会場で実施します。ただし、会場によって開庁日や開庁時間が異なりますので、ご注意願います。

  • 子ども家庭支援課(市役所3階)
  • 市民活動推進課(市役所3階)
  • 社会教育課(市役所3階)
  • スポーツ推進課(市役所6階)
  • 各市民センター
  • 総合体育館

提出書類

  1. 青梅市青少年健全育成団体登録申請書(WORD:39KB)
  2. 会員名簿(EXCEL:27KB)
  3. 前年度決算書(WORD:32KB)および今年度予算書(WORD:32KB)(いずれも書式は任意です。)
  4. 事業計画書(書式は任意です。)
  5. 規約、会則等(書式は任意です。)

1~2の用紙は受付場所で配布します。また、1~3の用紙はタイトルをクリックすればダウンロードできます。

問い合わせ

部署名:子ども家庭部子ども家庭支援課