本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > インターネットのトラブルが子どもたちにも急増しています。

ここから本文です。

更新日:2016年1月4日

インターネットのトラブルが子どもたちにも急増しています。

スマートフォンなどの急速な発展でインターネットトラブルが急増しています。

子どもたちも、ひとりでは解決できずに悩んだり困っていたりするケースが発生しています。

どんな場合でも、親や先生などの身近な人に相談するよう日頃から家族で話し合い、トラブルがあったらすぐに消費者相談室にご相談ください。

相談事例1

タブレット端末で、アニメを見ようとしたら、年齢確認のボタンを押したことになってしまい、突然アダルトサイトの会員登録完了の画面になった。

《請求金額99,800円!2日以内に払わないと身辺調査し、回収に行きます。法的手段をとります。》

《誤作動の方、退会の方はこちらへご連絡ください。》

と表記があったので、慌てて電話をしてしまった。

アドバイス

決して連絡をしてはいけません。

これは電話をさせることが目的ですので、高額な請求をされたり、個人情報が知られたりする危険性があります。

相談事例2

小学校5年生の子どもがゲームをやりたい一心で、年齢認証20歳でサイトに入り、100円のアイテムがあれば勝てると、母親のクレジットカード番号を無断で入力した。

「もうちょっとで勝てる!あと100円!もう100円!」と、どんどん購入して、後日100,000円のクレジット請求書がきてしまった。

アドバイス

請求書が届いて、初めて気がついたというトラブルが発生しています。クレジットカードは保護者が適切に保管しておきましょう。

ひとたびトラブルになると解決は難しくなりますが、まずは消費者相談室にご相談ください。

 

消費者相談室電話番号 0428-22-6000(相談専用)
受付時間:午前10時~正午、午後1時~4時 毎月第2・4火曜日は午後6時まで受付

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課