本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 安全・安心 > 安全・安心・防災 > 交通安全 > 交通安全運動

ここから本文です。

更新日:2017年8月24日

交通安全運動

平成29年度青梅市交通安全運動

市では、青梅市交通安全運動実施要綱等にもとづき、青梅市交通安全運動の実施に関し、必要事項を定め、春・秋、年に2回の交通安全運動を実施しています。

春、秋の交通安全運動

春、秋の交通安全運動の目的にもとづき、運動を効果的に推進するため、市内の関係各種団体、事業者等の協力を得て、交通安全のつどい交通安全講習会、交通安全教室を実施するとともに、各種広報媒体を活用し、市民の交通安全意識の高揚を図る。なお、春の運動は4月6日(木曜日)から、秋の運動は9月21日(木曜日)からそれぞれ10日間実施する。

月例運動

  • 毎月10日を交通安全日とする。ただし、6月、2月および3月は9日、9月および12月は8日とする。

メインスローガン

やさしさが 走るこの街 この道路

交通安全教育の推進

  1. 青梅市交通公園等において、随時、幼児、小学生、および高齢者等を対象とした交通安全教室を開催する。
  2. 青梅警察署および青梅交通安全協会と連携し、春、秋の交通安全運動期間前に市内12か所の会場で、車両運転者等を対象とした交通安全講習会を実施する。
  3. 近年、自転車の交通事故が多発していることから、自転車の安全な乗り方や危険性についての周知等を図るため、市内中学校を対象に、年1校で実施していたスケアード・ストレイト方式を用いた体験型の自転車安全教室を、中学校在校中に1回は参加できるように拡充し、自転車の交通安全教育の推進を図る。

交通環境の整備および交通安全啓発物の掲出等

  1. 交通環境の点検を行い、交通安全施設の整備を実施する。
  2. 各種啓発物の掲出と配布を実施し、交通安全意識の高揚を図る。

街頭指導の実施

  • 春、秋の交通安全運動期間中および毎月の交通安全日等に、市内主要交差点において、青梅警察署および青梅交通安全協会と連携し、歩行者・自転車利用者の保護・誘導および車両運転者に対する交通安全意識の高揚を目的とした街頭指導を実施する。

青梅市交通安全広報月別重点項目

各月別の重点項目を定め、市民に対する交通安全意識の普及啓発を図る。

 

重点項目
4月 新入学児童、園児の交通事故防止、春の交通安全運動の実施
5月 行楽期の交通事故防止
6月 暴走族の追放
7~8月 夏休みの児童、園児の交通事故防止、自転車の正しい乗り方啓発、二輪車の交通事故防止
9月 新学期の交通事故防止、秋の交通安全運動の実施
10月 若者の二輪車交通事故防止、行楽期の交通事故防止
11月 安全運転の励行、運転マナーの向上、迷惑駐車の追放
12月 年末交通安全キャンペーン、飲酒運転の追放
1月 年始の交通事故防止、新学期の交通事故防止
2月 寒冷時の交通事故防止
3月 春休みの児童、園児の交通事故防止、自転車の正しい乗り方啓発

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課