本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 投資用不動産のしつこい勧誘電話

ここから本文です。

更新日:2015年3月6日

投資用不動産のしつこい勧誘電話

「買うつもりはないから電話しないで!」とはっきり断りましょう~

《相談事例》

投資用マンションの勧誘電話に困っています。

職場に頻繁に電話がかかってくるので、何度も断わり、「二度とかけてこないように」とはっきり言っているのですが、担当者を変えて、同じ会社から職場に電話がかかってきます。

アドバイス

勤務時間中、職場にかかってくる投資用不動産販売の勧誘電話に困った経験はありませんか。

職場に電話がかかってきたときは、契約する気がなければ、手短にはっきりと断りましょう。

また、買う気がなければ業者とは絶対に会わないようにしましょう。業者と会う約束をしてしまうと、ますます断りにくくなります

次に示したような勧誘は宅地建物取引業法で禁止されています。

  • 断ったにもかかわらず、しつこい電話をかけてくる。
  • 長時間にわたって電話を切らせてくれない。
  • 深夜や早朝といった迷惑な時間に電話をかけられた。
  • 脅迫めいた発言があった。

このような勧誘を受けた場合は、相手の正確な会社名、担当者名、日時、その時の具体的なやり取りを記録して、東京都の不動産業課に届けるようにします。

寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、情報提供によりこれからの啓発に役立ちます。

お困りの方は、すぐに消費者相談室にご相談ください。消費者相談室TEL22-6000(相談専用)

 

 

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課