本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 「毎月必ず50万円もらえる」話を信じたら・・・

ここから本文です。

更新日:2017年11月15日

「毎月必ず50万円もらえる」話を信じたら・・・

《相談事例》

副業サイトで「簡単に収入が増える」という広告を見て、メールアドレスを登録した。

その後、「月50万円を必ず分配する仕組みがある。入会すれば簡単に、必ず大金が入る。」というメールや動画が届き、「今から10分以内に入会した人だけにもうかる情報を販売する」とあったので急いで申し込み10万円を支払ったところ、情報商材(PDFファイル)が届いた。

ダウンロードしたが、内容は書店でも入手できる情報で、月50万円の分配金をもらえるようになるには、さらに40万円のソフトを購入する必要があると言われた。当初の話と違うので解約しようと思い、事業者に電話したが誰も出ず、メールをしても返信がない。事業者のサイトには「解約や返金には応じない」と書かれている。

アドバイス

インターネットで販売されているお金のもうけ方等に関する情報を「情報商材」と呼びます。

情報商材の広告は「誰でも簡単に」、「絶対もうかる」等と強調していることが多く、手早く稼ぎたいという消費者心理につけこみます。しかし、実際は、その情報を得るために高額な支払いが必要だった等、当初の話と違ったという相談が多く寄せられています。

簡単に短時間で大金を稼げる「おいしい話」はありません。契約する前に冷静に考えましょう。

インターネット上での契約は「通信販売」に該当し、事業者は、名称・氏名・住所・電話番号・契約条件等の情報を表示する義務がありますので、必ず事業者の表示内容を確認しましょう。住所や電話番号が省略されていたり、広告では「絶対もうかる」と断言していたのに「必ずしも利益や効果を保証していない」などと違うことが記載されていたら要注意です。

このような情報商材はいったん契約すると、事業者に連絡が取りにくくなることが多く、連絡がついても「すでに商品はPDFで提供済み」などと言われて、解約・返金が困難な場合もあります。

インターネット上で簡単に購入申し込みができるからといって、安易に契約してはいけません。
また、もうけたお金で返済すればよいと考え、消費者金融等で借金して購入してしまうと、結局借金だけが残るので絶対にやめましょう。
(出典:東京都消費生活総合センター・東京くらしWEBをもとに作成)

困った時は、すぐに消費者相談室へご相談ください。

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課