本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 訪問購入(押し買い)被害が増えています

ここから本文です。

更新日:2017年12月7日

訪問購入(押し買い)被害が増えています

目的を隠して訪問してくる貴金属買取業者など、訪問購入(押し買い)による被害が増えていますので御注意ください!!

《事例1》

突然訪ねてきた男性が、「今、近所をまわって不用品を引き取っています。不用品はありませんか。」等と勧誘してきた。

何でも良いというので不用な品を見せたところ、「他にも何かありませんか。ネックレスや指輪などの貴金属はないですか。」「見せてもらうだけでもいいです。」としつこく言ってきた。

この時初めて貴金属の買取が目的だと分かった。貴金属などは売るつもりはないと何度も断ったが、何か出さないと帰ってもらえないと思い、いらない指輪を出して見せた。すると「他にも貴金属はないですか。」「古いものでもいいですよ。鑑定してあげる。」としつこく粘られた。早く帰って欲しいと思い、「もうないです。」と何度も断り続けたが、このやり取りが20分くらい続いてようやく諦めた。

《事例2》

電話で、「不用品を回収している。」と勧誘を受け、訪問を依頼した。

後日、訪ねてきた購入業者に用意しておいた品を見せたところ、「他に貴金属でいらない物はないか。」「いつもはどこに保管しているのか。」などと強引に質問してきた。貴金属は売るつもりはないと断ったが引き下がらないので、仕方なくアクセサリーをいくつかみせたが「これではダメだ、値段のつくような貴金属はないか。」とさらに粘られた。結局用意しておいた品も含めて買取を断ったが不愉快だった。

アドバイス

「何でも買い取る」と言いながら「ネックレスや指輪などの貴金属はないですか」などと言って、強引に貴金属を買い取っていく事業者によるトラブルが増えています。

訪問購入では、購入業者は突然訪問して勧誘する事は禁じられています。また、前もって電話連絡をしてきた場合でも、消費者が事前に承諾した品物以外は売却を求める事はできません。

家に勝手に上がられたり、脅されるような言動をされたりする等、身の危険を感じた場合には警察に連絡しましょう。なお、隙をみて貴金属を奪っていく事例もありますので、購入業者の目の届かないところにしまうなど十分注意をしてください。

訪問購入はクーリングオフができます。業者の不審な勧誘に疑問を感じたりトラブルに巻き込まれたら、すぐに消費者相談室にご相談ください。
*独立行政法人国民生活センター報道発表資料等をもとに作成

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課