本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 架空請求にご注意!~身に覚えのない請求に慌てないで~

ここから本文です。

更新日:2015年9月8日

架空請求にご注意!~身に覚えのない請求に慌てないで~

「契約した覚えのない料金を請求するメールが送られてきた」「インターネットで動画を見ようとしたら入金手続きを強要する画

面が表示された」など、架空・不当請求に関する相談が急増しています。

相手事業者に自分から連絡しない!

不特定多数の人に一斉に送信されているもので、その内容は根拠のないものです。

メールを見て不安になり、連絡してきた人に金銭を支払わせるのが目的です。

慌ててお金を支払わない!

「法的処置をとる」などと記載されていても、慌ててお金を支払ってはいけません。

一度支払ったお金を取り戻すことは極めて困難です。

疑問や不安を感じたらすぐに消費者相談室に相談してください。

消費者相談室(電話番号:22-6000)

月~金:午前10時から午後4時(第2・4火曜日は午後6時まで実施)

お電話でも来庁でもお気軽にご相談ください。

「東京くらしWEB」でも架空請求に関する最新の手口・対処方法を解説していますのでご覧ください。

http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/torihiki/taisaku/

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課