本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 寒い冬が到来!!~低温やけどに気をつけましょう~

ここから本文です。

更新日:2015年11月25日

寒い冬が到来!!~低温やけどに気をつけましょう~

寒い季節になり、湯たんぽ、電気あんか、使い捨てカイロなどを使用することが多くなってきます。暖かく心地よいと感じる程度の温度でも、長い時間、皮膚に触れているとやけどを起こす可能性があります。

特に高齢者は運動、感覚機能の低下等により重いやけどを負うリスクも高まります。消費者庁も、高齢者のやけど等に対しての注意を呼びかけています。65歳以上の高齢者がやけどを負った熱傷事故は、消費者庁への報告によると、12月から2月に多く発生しています。高齢者本人だけでなく、御家族や周囲の方々も日頃から注意を払っていただくことが大切です。

これからの季節は、熱傷事故が増える傾向がありますので気をつけましょう。

<やけどを防ぐためのポイント>

  1. 同じ部位を長時間温めない。
  2. 違和感や熱いと感じたら、直ちに使用を中止する。
  3. 必ず、製品の取扱い上の注意を確認して、正しく使用する。

痛みや違和感がある(やけどを起こした)場合は、すぐに医療機関を受診してください。

関連情報

消費者庁HP「高齢者のやけどに御注意ください!」http://www.caa.go.jp/safety/pdf/151118kouhyou_1.pdf

消費者庁HP「ゆたんぽでの低温やけどを防ぎましょう」http://www.caa.go.jp/safety/pdf/130227kouhyou_1.pdf

東京くらしWEB「ゆたんぽ、使い捨てカイロ等でやけど!?」http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/attention/warmer-20140109.html

青梅市消費者相談室 Tel0428-22-6000(相談専用)

午前10時~正午、午後1時~4時*毎月第2・4火曜日は午後6時まで受付

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課